睡眠不足に効果的なツボ押しで気持よく眠る方法をアドバイス

睡眠不足が続いているなら簡単にできるツボ押しを行う事で良く眠れるようになります。
自宅で自分で行えるのでお金もかからずすぐにできるんです。

ツボと睡眠不足解消

人には体の様々な場所にツボがあります。
マッサージ等に行くとこのツボの辺りを刺激して体の不調を改善したりします。
しかし、ツボさえ知っておけば自分で睡眠不足を解消するためのツボ押しもできます。
そんなに難しい方法では無いので、どこのツボが睡眠不足に効果的なのか知っておけば良いのです。
ツボ押しは、リラックスして血行が良くなっている夜、お風呂上がりとか寝る前が一番良いです。
特に睡眠不足解消ですからゆっくりテレビを見ながら睡眠不足解消に良いツボを押してみてください。
今まで何度も夜中に目を覚ましていた人がぐっすり眠れるようになったとか、朝スッキリ起きれるようになった人もいます。
お金もかからずいつでもできますし道具もいらないので今日からでも試してみてください。

睡眠不足解消にピッタリのツボとは

体には様々なツボがありますが睡眠不足解消に役立つツボは次の様なものがあります。
素人でも簡単にできる睡眠不足解消のツボが勇泉です。
このツボは足の裏のど真ん中少し上の所にあります。
このツボを3秒押して3秒離すというパターンを繰り返します。
血液の循環を良くし自律神経の働きを良くして睡眠不足解消になります。
頭の頂点、耳と鼻のクロスする部分にある百会というツボも睡眠不足解消にはピッタリです。
このツボもゆっくり1分程押すと頭をスッキリさせ質の良い眠りが取れるようになります。
手の平のど真ん中にあるツボが労宮です。
このツボは3秒押して2秒休めば興奮状態を抑え安眠ができるようにしてくれます。

短時間のツボ押しでも睡眠不足に効果ある?

体には色々なツボがありそれぞれ役割が違いますのでやたらと押すと逆効果のツボもあるので気を付けて下さい。
ちゃんと睡眠不足に効果のあるツボならば何時間もマッサージをしなくても効果が出ることが多いです。
例えばツボを1日色々5分刺激するだけでもかなり睡眠不足には効果があります。
特に自律神経を刺激するツボを抑えることでかなり睡眠に入りやすい状態になることがあります。
難しく考えずに気持ちの良い程度にツボを押さえるだけです。
寝る前の習慣などでツボを押すようにすれば疲労回復もできぐっすり眠れます。
ツボ押しの前に軽くストレッチ体操などを行うと血行が良くなりリラックスできて更に効果が高まります。
ツボ押しなどで気持ちよく寝る体制に入ることが一番の睡眠不足解消の秘訣なのです。

ヨガは睡眠不足にも!ストレス解消にも!疲労回復にも!

睡眠不足解消には軽い運動を行うと良いと言いますが、ヨガが一番良いという人もいます。
どんなヨガが睡眠不足解消にはピッタリなんでしょうか。

ヨガでリラックスして睡眠不足解消

ヨガはインド等が発祥のストレッチですが、古くから健康に良いと言われていて、最近ではダイエットはもちろん睡眠不足解消で行っている人もいます。
ヨガは、体を動かすことはもちろんですが、一般的なストレッチに比べるとリラックス効果が高いと言われていてストレス解消にも高い効果があります。
このことが睡眠不足解消には深く関係しています。
人はストレスを抱えていると、布団に入ってもなかなか寝付けなくなってしまいます。
しかし、ヨガを行う事で軽い運動を実践できるだけではなく、ストレスも発散できリラックス効果も高いので睡眠に入りやすくなります。
ヨガで行う新呼吸は体の血流も良くしてくれるので、質の良い眠りが訪れ睡眠不足解消も難しくありません。
心も体もリラックスできるヨガは他の運動より睡眠不足解消には向いているのです。

副交感神経を優位にして睡眠不足解消

ヨガは、誰にでもできるストレッチです。
特にダイエットを目的としている若い女性に人気があり、キレイに健康的にダイエットする方法として評判なんです。
体が硬い人は最初からヨガのポーズがきちんとできない事もありますが、行っているうちにだんだん体も柔らかくなってきます。
ヨガを行って行くと副交感神経というのが優位になってきます。
ヨガではストレッチを行う時に深い呼吸をします。
これにより酸素が体を巡って副交感神経が優位になるだけではなく疲労回復にも効果的です。
この副交感神経とは睡眠の質を高めてくれる神経で、逆に交感神経が優位だと興奮状態になり眠れません。
ヨガで副交感神経を優位にして上質な眠りを取るようにして下さい。

睡眠不足解消するヨガのポーズとは

ヨガポーズは、寝る前に行うとぐっすり眠れますのでやってみてください。
良い睡眠を取るなら屍のポーズと言われるシャバーサナを実践してみてください。
このポーズは床にあおむけになって足を肩幅くらい広げます。
次に両手は体から少しあけて手の平を上にします。
目を閉じて腹式呼吸を行います。
ゆっくり何度か腹式呼吸を行う事でリラックス状態に入ります。
このヨガのポーズはとても高い精神安定効果があると言われていて寝る前に行うとさらに効果的です。
質の高い良い眠りができる簡単なヨガのポーズなので試してみてください。



より深い睡眠を取ることができる睡眠用音楽の特徴

睡眠不足を解消するのに色々な方法を試される方もいらっしゃいますが、音楽を聴くのもその一つです。
深い睡眠を取るために最適な音楽にはどんなものがあるのでしょうか。

深い睡眠に向いている音楽の特徴

睡眠不足解消に良いと言われている音楽にはクラッシックがあります。
クラッシックと一言で言ってもジャンルは様々で、特に爽やかで優しい感じの曲がおすすめです。
クラッシックのコンサートであまり興味のない人は眠ってしまうことがありますが、これは睡眠効果が高いことの現れでもあるのです。
優しくてゆっくりした感じの音楽を聴くと誰でもリラックス状態になります。
このリラックス状態になることが深い睡眠を取れるかどうかになってくるのです。
激しい音が入ったり以上に暗かったり、大きな楽器の音がどんどん出てくるようなクラッシックは睡眠には向いてません。
かえってこのような曲は神経を興奮させてしまって睡眠に悪影響を及ぼします。
近年では睡眠と音楽の関係が注目され精神を落ち着かせる音楽というのも販売されています。

歌詞入りや暗い曲は睡眠に不向き

世の中には色々な音楽がありますが、寝る前に聞くと不向きな音楽というのもあります。
寝る前に音楽を聴いてリラックスするのはすごく良いのですが、自分の大好きな歌手の曲などは睡眠前には向きません。
考え事をしながら眠ると睡眠不足の原因になることがあるのであえて自分の好きな歌手は避けた方が良いです。
特にロックやポップスなどの曲は明るくウキウキした曲が多いため、今からゆっくり寝ようとしている時は不向きです。
なぜなら、ロックやポップスなど明るい曲で好きな曲などは神経を興奮させたり睡眠抑制の効果があるからです。
神経が興奮した状態だと人はなかなか寝付けなくなります。
できれば夜寝る2時間前以降は興奮する曲は避けて下さい。

睡眠不足解消用音楽とは

忙しい現代人は知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまい睡眠不足になることもあります。
そんな方におすすめなのが睡眠不足解消用音楽(睡眠用BGM)です。
リラックスできる本の付属で付いているCDなどもあり、睡眠前に聞くだけでリラックスすることができます。
睡眠不足解消用音楽は、懐かしい優しい感じのクラッシック音楽で、考え事をしなくてもいいような感じの曲です。
繰り返し聞いても飽きないような選曲で精神科の先生が作ったようなCDもあるので精神的に落ち着く音楽になっています。
睡眠不足解消用音楽を繰り返し聞くことで精神的に落ち着き不眠症が治ったという人もいます。
深く眠れるようになることでストレスが緩和されることも多くリラックス状態で眠れるようになります。

ベッドと布団ではどっちがより深く眠れる?

寝具を選ぶのは睡眠不足解消にはとても重要です。
ベットと布団ではどちらの方がぐっすり眠ることができるのでしょうか。

ベットと布団のメリットとデメリット

寝具を購入しようと考えた時ベットにしようか布団にしようか迷うことがあります。
ベットと布団のメリットとデメリットを知って、どちらが自分に合っているのか考えてみると良いです。
ベットのメリットというと布団とは違い押し入れに出し入れする必要が無いです。
時間も節約になりちょっと寝具を整えるだけで手間がかかりません。
しかし、デメリットとしては部屋が狭くなり邪魔になることもベットはあります。
また、子供さんの場合ベットからの落下も心配されます。
布団は、洗濯や掃除しやすかったり布団干しができるところがメリットになります。
布団は床に直接ひき、ほこりが溜まるところなのでアトピーの人には向きません。
押し入れへの出し入れも大変というのがデメリットです。

ベットと布団ぐっすり寝れるのはどっち

寝具のアンケートでは若い人も高齢者の人も子供もですがベット派が多いです。
やはり、上げ下げしなくて良いのが理由としても多いです。
人気が圧倒的にベットですが、ベットと布団どっちがぐっすり眠れるかというと意見が分かれます。
ベットが良いという人もいれば布団が良いという人もいるのです。
若い人ほどベットで寝ることにこだわりを持っていることもあり、高齢者は布団が良いという場合もあります。
しかし最近では介護ベットなどの普及により高齢者でもベットが起きる時楽だしぐっすり眠れるという人が増えているのです。
ベットも布団もそうですが、実はマットレスだけではなく寝具で違うこともあります。
布団でもふかふかの布団とせんべい布団では寝心地も違います。
人によってぐっすり眠れるのはベットだったり布団だったりするのです。

ベットや布団の種類でも深く眠れるかどうか決まる

ベットや布団にこだわる人もけっこういらっしゃいますが、ベットや布団の種類によっても眠れるかどうか違ってきます。
自宅でいつも寝ているベットや布団がとにかく深く眠れるという人がいます。
これは、自宅で使っているベットや布団が体に合っているからです。
これに対し体に合っていない場合、旅行先などでベットや布団で寝たときにとにかくぐっすり眠れることがあります。
これは、ホテルや旅館などのベットや布団が自分の体に合っていたということになります。
深く睡眠することで人は疲れを癒すので、ホテルや旅館にどんな寝具の種類を使っているのか尋ねてみると良いです。

マットレスは固い方が良い?それとも柔らかい方が良いのか

布団でもベットでもマットレスを敷くことがありますが、固いものと柔らかいものどちらが良いのでしょうか。
マットレスが合わないと睡眠不足の原因にもなるので合うものを使った方が良いのです。

固いマットレスと柔らかいマットレス

マットレスも固いものと柔らかいものがあります。
人によってマットレスの好みがありますが、自分の体と合っているかどうか判らず合わない事もあるのです。
高齢者の方の中には柔らかい布団で寝ると腰が痛くなると言って畳ベットなどに寝られる方もいます。
しかし、マットレスは固い方が良いというのは一概に言えないのです。
マットレスが合わないと腰痛の原因になったり睡眠不足になることもあるのでとても重要です。
マットレスを選ぶときは、まず寝てみて寝心地も確かめなければなりませんが腰や寝返りを打ったとき楽なのかも確認してください。

自分の体に合ったマットレスとは

マットレスにも色々あります、固い柔らかいだけではなく、よく低反発や高反発という言葉も聞くと思います。
低反発マットレスは、ウレタンからできているマットレスで、素材の特性により冬は固くなり夏は柔らかくなります。
接地面が多くなるので包み込むように暖かく夏は暑さを感じることがあります。
高反発マットレスは、理想の睡眠姿勢を保つことができると言われています。
特に肩こりや腰痛を持っている人には人気のマットレスで、睡眠姿勢で睡眠不足になっている人にはおすすめです。
マットレスを評判や人気だけで購入する人がいらっしゃいますが、やっぱり自分で試してみてからが良いです。
寝心地を体感できるような家具屋さんやマットレス販売店が結構ありますのでそちらで実際寝て確認すると良いです。

マットレスが合わないと思ったら

マットレスが合わなくて睡眠不足になっているかもしれないと感じたらできるだけはやく他のものに変えた方が良いです。
なかなかマットレスが原因と判らない事も多いのですが、例えば他で宿泊したときにぐっすり眠れたとかだったらそうかもしれません。
マットレスでなくて枕かもしれないので一概に決めつけられない場合もありますが、体が楽だったらマットレスが原因かもしれないのです。
マットレスを変えると言ってもベットの場合、そう簡単にはいかないこともあります。
古いマットレスをどうするかも考えなければなりませんし、新しいものも決めなければなりません。
マットレスは長ければ何十年も同じものを使い人生の3分の1はマットレスの上です。
やっぱり体にぴったり合ったものが睡眠不足も予防してくれますので失敗しても合うものを探してください。

夫婦で一緒に眠ることが睡眠不足の原因に!?

夫婦で寝室を同じにしていると睡眠不足になることがあるのでしょうか。
色々なケースがありますが、ちょっとした工夫で解決できることもあります。

夫婦の睡眠不足の原因

夫婦で一緒に寝ている場合、様々な要因で睡眠不足に悩まされてしまうことがあります。
例えば、旦那さんや奥さんがいびきをかくことがあります。
人によっていびきがものすごい場合があるので、いびきが原因で睡眠不足になってしまいます。
また、セミダブルのベッドでも2人で寝ると狭くて寝返りがうてないことがあります。
さらに、旦那さんや奥さんがトイレに近い場合、パートナーも睡眠不足になります。
他にも、歯ぎしりや寝言、深夜徘徊などを相手がする場合、もう一方が睡眠不足になります。
このようなことが毎日続くと睡眠不足となりストレスがどんどん溜まっていきます。
夫婦で一緒に寝ることは良い事ですが、ストレスを抱えてまでは病気になるので対策を考える必要があります。

夫婦の睡眠不足を解消する方法

夫婦で寝ていると様々な原因で睡眠不足になってしまうことがあります。
まず、一番睡眠不足で多いいびきなどの音の問題ですが、いびきを改善するグッズなども多数販売されています。
枕やベッド、布団などの寝具が合っていない場合もいびきがひどくなることがありますので変えてみるのも良いです。
病的ないびきもあるのでいびきの合間に息が止まるようなら睡眠時無呼吸症候群も視野に入れて病院に行ってください。
いびき対策には、前回の記事で紹介した横寝枕もオススメです。

 

睡眠不足には寝具が狭いのに夫婦で一緒の布団やベッドに寝ているのが原因の事もあります。
トイレが近い人がいる場合は、病院などでお薬をもらうと解決できる場合もあります。
色々解決法はありますので、ストレスをため込まず睡眠不足が解消できる方法を見つけてください。

睡眠不足を解消するには別室がいいのか

夫婦で一緒に寝ることによって睡眠不足になっている場合、部屋がいくつもあるなら別室で寝た方が良い場合があります。
原因にもよりますが、睡眠不足はかなり大きなストレスをパートナーにかけてしまいます。
一緒に寝たい気持ちは判りますがストレスが溜まるとケンカの原因になるだけではなく病気になることもあるのです。
そうならないために別室で寝られるならそうした方が良いのです。
実際、様々な原因で別室にて寝ている夫婦もたくさんいます。
かえって離れて寝た方が愛情を再確認できることもあるのです。
住居事情で別室が無理という事もあります。
そんな場合でもできるだけ寝具を別にしたり、いびき対策を行うなど相手に対する思いやりの気持ちを持って睡眠不足解消をしてください。

正しい枕選びの条件と睡眠不足解消効果

睡眠不足の原因には枕が深く関係しているという人もいます。
自分の体に合う枕とはどのような枕なんでしょうか。

枕が合わないと血行不良になる

夜、寝る時ほとんどの人が枕を使っていると思いますが、実はこの枕が合わないと睡眠不足の原因になることがあります。
枕の高さが合わないと寝がえりをうったり寝姿勢によっては血行不良になり肩や首に負担をかけてしまいます。
自分の枕が合わないかどうかは、ぐっすり眠れているか、他の枕などを旅行等で使った時と比べてどうかなどで判ります。
例えば、毎朝起きた時、首や肩の辺りに違和感や痛みがあるようならば枕が合っていない確率はかなり高くなります。
我慢して合わない枕を使う事により睡眠不足が深刻化するだけではなく血行が悪くなりリンパの流れも悪くなります。
それにより体のあちこちに痛みを感じたりすることがあります。
これらは枕によって血行不良になっていることがありますので注意して下さい。

自分に合う枕とは

枕を選ぶ時に大切なポイントとしてまずは、枕の高さがあります。
体格が良く、体ががっちりしている人は高めの枕が合うと言われています。
逆に小柄で体型がスリムな人は、低い枕の方が合うとされているのです。
ただ、体型だけではなく個人によっては高いのが合っていたり若干低めがよかったりなど色々です。
好みで柔らかい枕が良いという人もいれば硬い枕じゃないと眠れないという人もいます。
自分の好みの枕と自分に合っている枕が一致していれば問題ないですが、一致していないと睡眠不足の原因になることがあります。
最後の枕のポイントが素材です。
枕は羽毛枕やそばがら枕、ビーズ枕など色々な中身があります。
自分がぐっすり眠れる素材の枕に出会えれば睡眠不足解消も夢ではありません。

枕で睡眠不足解消

例えば、旅行に行った時、どういうわけかものすごくぐっすり眠れることがあります。
観光地などを色々巡って軽い運動をしたせいもあるかもしれませんが、結構、泊まった宿の枕が良かったということもあります。
ホテルによっては、お客様がどこの枕を使っているのかと尋ねられる場合もあるようです。
自分にぴったりの枕で毎日眠れれば睡眠不足解消もできてしまうのです。
しかし、実際の所、自分にピッタリの枕を見つけるのは至難の業です。
最近ではオリジナルの自分専用枕を作れるお店なども出てきています。
(オーダーメイド枕などで検索!)

枕が合わずにお悩みならこういうお店を利用して睡眠不足解消に役立てて下さい。
自分に合う枕は、寝ていて快適なだけではなく体に負担をかけない枕です。

睡眠時無呼吸症候群の方には横寝専用枕!

睡眠時無呼吸症候群の方にオススメなのが、横寝専用枕です。

横寝は、アルツハイマー病の原因の一つともされるアミロイドβの排出に効果があると言われています。
また、横寝は、睡眠時無呼吸症候群やいびきの酷い方のいびき対策として、舌根が気道狭窄を引き起こすのを防ぐことが出来る為、いびき対策に非常に有効とされています。

パートナーのいびきが原因で慢性的な睡眠不足

ご結婚されている方であれば、パートナーのいびきが原因で睡眠の質が低下したり、中途覚醒を起こしたりしていると思いますので、そういった場合には、パートナーに横寝専用枕を使用してもらうことで、睡眠不足や睡眠障害の原因の一つが解消されるかもしれません。

横寝専用枕YOKONEの詳細と口コミ
(利用者の口コミはページ下部に掲載されています。)

この横寝枕ですが、朝日新聞や日経MJなどでも取り上げられたようです。

睡眠の質と掛け布団のお話。十分な睡眠が取れない原因は布団にあり?

睡眠不足の原因は色々ありますが、その中でも掛け布団はとても重要です。
掛け布団の良し悪しで睡眠不足になるかならないか決まるとも言えるのです。

掛け布団の重さで睡眠不足になる

睡眠不足には様々な原因が考えられ、大切なのは掛け布団です。
特に重たい掛け布団は、睡眠不足の原因になる事もありますので気をつけなければなりません。
掛け布団でも綿の古いタイプの掛け布団は重たいものがあります。
地方に旅行に行った際に旅館や民宿に泊まったり、親戚の家に行った時に眠れなかったという経験がある人がいます。
良く話を聞くと掛け布団が重くて寝られなかったということもあるのです。
なぜ、掛け布団が重いと睡眠不足になるかといえば、人は寝ている時も動くからです。
そんな時に掛け布団が重たいと上手く動くことができず思うように寝がえりが打てなかったりします。
これにより睡眠不足になってしまうのです。

通気性の良い掛け布団で睡眠不足解消

掛け布団で睡眠不足になるのは重さの問題だけではありません。
通気性が悪い掛け布団だと布団の中に湿気がこもって濡れて不快になります。
人は寝ている時も結構汗をかきます、夏だけではなく冬でも布団によっては湿気がこもります。
通気性の良い掛け布団だと、汗をかいても外に湿気が逃げますが通気性の悪い掛け布団だと中に湿気がこもり温度が上がったりします。
これにより寝ている人も不快になり目が覚めやすくなるのです。
通気性の良い布団は何と言っても木綿です、化繊が若干混じっている位なら大丈夫です。
通気性の悪い布団はポリエステルなど化繊の割合が多いものです。
掛け布団カバーの素材にも気を付けるとさらに睡眠不足を防ぐ事もできます。

カバーの色で睡眠不足解消

掛け布団が睡眠不足の原因になっている場合、重さや素材もですがカバーの色も関係していることがあります。
人には色々好みがあって好きな色もありますが、いくら好きだからと言っても黄色や赤など神経を刺激するようなカバーを掛け布団にかけてはいけません。
人は視覚から刺激を受けてしまう事があり睡眠前に刺激のある色を見ると精神的に興奮して不眠の原因になってしまう事があるのです。
寝室の色は、できるだけ落着いた色が良いと言われていて、おすすめは自然の色です。
水系の色の青や土や岩の色の茶、森の色の緑が寝室には良いとされています。
ベットカバーや布団カバーをこの自然色を一つでも使います。
そして、他の色は興奮しない、落ち着いた優しい色合いのカバーを選んで下さい。

夜しっかり眠るために必要な3つの入眠準備

睡眠不足にならない為には布団に入ってできるだけ早く眠りにつくと良いです。
気持ちよく入眠するためにはどんな準備をすればいいのでしょうか。

良い寝具で入眠しやすく

お布団に入って眠るまでは一般的に10分から15分とされています。
しかし、人によっては、布団に入って30分経っても1時間経っても眠れないことがあります。
これは、ストレスや食事等色々な事が原因の場合もありますが、寝具があってなくて入眠できないということもあります。
例えば、朝起きた時、首や腰など体の部分的な所が痛かったり肩コリがひどくなっている場合は寝具があってない可能性が高くなります。
布団やベッドのマットが固すぎたり柔らかすぎたり、枕の高さが合ってないと入眠障害になってしまう事もありますので注意します。
対策としては、寝具を変えてみるのもよいです。
柔らかい布団などで体が痛いなら、ちょっと硬めのマットレスのベッドに寝てみるのも良いです。
低反発よりも高反発のマットレスが入眠しやすいと言われていますので試してみてください。

消化の良い物を食べて入眠しやすく

夜眠れないという人の多くが食事の取り方が間違っていて入眠できない状態になっています。
食事はできれば寝る2時間前には済ませておいた方が良いのですが、忙しい人はなかなかそうもいきません。
食べてすぐに寝ると胃や腸が動いている状態なのでなかなか寝る状態に体が入れないのです。
また、油ものやお肉などこってり系や消化の悪いものを食べると眠るまでに時間がかかります。
そうならないためにも夜遅く食事を取るなら消化の良い食べものを食べて下さい。
例えばうどんや雑炊など消化の良いものは夜遅く食べても胃もたれしにくく入眠しやすいと言えます。
1日のうち、昼に一番しっかり食べて、夜は軽めに食事をする外国の国も多いのです。
そして寝る前はホットミルク等入眠しやすい乳製品などを取ると良いです。

軽い運動で入眠しやすく

なかなか寝付けなくてお困りの方は運動不足が原因かもしれません。
軽い運動は、血流を良くして消化も良くしますし体が適度に疲れて睡眠ホルモンが出やすくなります。
軽い運動をするのとしないのとでは入眠時間もかなり差が出るというデータもあります。
激しかったりキツイ運動ではなくストレッチやウォーキングなどをするだけでかなりちがいます。
若い人はもちろん、お年寄りにもおすすめのしっかり眠る為の方法でもあります。
何時間もする必要はなく、夕食前か夕食後30分位運動するとダイエット効果も高くなり一石二鳥です。
できれば、朝しっかり朝日を浴びるとさらに入眠しやすくなるので、朝と夜軽めの運動を行うと更に効果的です。

ほんの15分だけで睡眠不足解消ができる?仮眠の取り方をご紹介

短い時間でも仮眠を取ることで睡眠不足解消が多少できることをご存知でしょうか。
リフレッシュでき記憶力も向上する仮眠の仕方をご紹介します。

15分の仮眠でリフレッシュ

人は毎日の生活の中で半日に一度ほど必ず眠たくなります。
それは、自然なことですので心配はいらないのですが、この時15分でも仮眠を取ると睡眠不足解消に役立つことがあるのです。
15分ならお昼の球形休憩時間の時でも大丈夫です。
机があるなら座ったままで目をつぶっているだけでも脳や目の働きを休めることができ精神が落ち着きます。
社会人なら15分、10代なら30分位仮眠するとちょうどよいと言われています。
15分後に起きるようタイマーをかけて寝てください。
昼食後すぐに寝たら太るのではと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、15分じっとしているだけですので大丈夫です。
かえって消化がちゃんとできダイエットにも良いのです。

睡眠不足を仮眠で取り戻す

夜、遅くまで起きているとどうしても寝つきが悪くなったり夜中何度も目が覚めて睡眠不足になります。
睡眠不足が続くと昼間強烈に眠たくなることがありますが、仮眠を15分取ると起きた後すごくスッキリします。
人の睡眠は、短時間でもかなり効果がでることがあり、眠たいのに我慢して作業をしても効率は悪くなる一方です。
それよりちょっとでも仮眠を取ることでスッキリできます。
仮眠の取り方としては横になってしまうと仮眠ではなくなって熟睡してしまいますので座ったままで行って下さい。
机に座ってでも良いし、電車や車、バスなどの乗り物に乗った時でもよいです。
目をつぶって体も心も休めることで睡眠不足を解消することができ健康上もとても良い状態になります。
ただし、仮眠をとってもまた夜遅くまで起きているとどんどん悪循環になりますので夜更かしはしないで下さい。

午後3時以降は仮眠しない

仮眠は、できればお昼から午後2時くらいまでの間が一番です。
それ以上仮眠を取るのが遅くなってしまうと今度は夜寝る時に困ったことになります。
人の体というのはリズムがあるため、睡眠を取ったら年時間後に眠くなるというのがあります。
午後3時以降に仮眠を取るとその7時間後8時間後にならないと眠くならないのです。
布団に入っても眠れないという状況になりかねません。
午後3時以降に仮眠して睡眠不足の原因になったら大変ですのでしないようにしてください。
仮眠を取るなら午後2時までと決めておき、その後は我慢して寝ないようにしてください。
そうすれば、早目に眠くなるはずです。