パソコンやスマホによる睡眠不足の危険性と解消方法

パソコンやスマホをずっと使っていると睡眠不足の原因になることがあります。
なぜパソコンやスマホを寝る前に使うと危険性が上昇するのでしょうか。

パソコンやスマホで睡眠不足になる原因

近年、問題になっている睡眠不足にはパソコンやスマホの使い過ぎもあります。
急速なインターネットの発達により、パソコンやスマホを日常的に使う機会が増えてきました。
それに伴ってパソコンやスマホを原因とする睡眠不足が深刻な問題になっています。
特に若い世代では、寝る直前までパソコンやスマホをしている人も多く、スマホ依存という言葉さえあります。
夜、寝る前までパソコンやスマホをしているとブルーライトを浴び睡眠不足になります。
また、映像や音楽、ゲームなどを布団に入ってからもすることで興奮状態が続き眠りにくい状況になるのです。
寝る1時間から2時間前までにはパソコンやスマホの使用を止めた方が良いと言われています。

友達付き合いと若者の睡眠障害

特に中学生や高校生などパソコンやスマホを始めたばかりの年代ではスマホ依存などが深刻になっています。
スマホ依存になると1日中スマホをしたくてたまらない状態になります。

スマホのゲームアプリにハマる子もいれば、友達のLINEやTwitterなどでのやり取りを絶え間なくする子もいます。

夜の睡眠時間も削ってスマホなどをすることで睡眠不足になり健康被害が出たり記憶力の低下が見られることがあるのです。
夜だけではなく、次の日の日中も眠たい状態がずっと続き、勉強がおろそかになったり食欲が落ちるという事もあるようです。

さらにパソコンやスマホを使うことで発せられるブルーライトも睡眠不足と深く関係していると言われています。
こうならないためにも、パソコンやスマホを使う時間を制限した方が良い場合もあります。
パソコンやスマホでの睡眠不足の症状が深刻になると精神的にも危険な状態になることがありますので気を付けて下さい。

睡眠障害とブルーライト

夕方になると太陽が沈み、夜になると真っ暗になりますが、人の体は本能的に夜を感知して眠たくなります。
しかし、パソコンやスマホのブルーライトは、日光と同じ可視光線を利用しているので体が勝手感知して昼間だと思ってしまうのです。
昼間だと思った体は睡眠状態に入れなくなり寝つきがとても悪くなります。
この状態によって睡眠不足に陥ってしまうのです。
できれば、パソコンやスマホは寝る2時間前には終えた方が良いのです。
どうしても、仕事などで夜遅くまでパソコンなどの作業をされる場合は、ブルーライトをカットする眼鏡もあります。

スマホやパソコンのディスプレイ用に、ブルーライトをカットする機能の搭載された液晶保護フィルムもありますので、そういったものを活用しても良いでしょう。

ブルーライトカットフィルム

特に若い人はスマホ依存になりがちでブルーライトをたくさん浴びます。
できるだけ夜はブルーライトを浴びないような工夫をして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)