睡眠不足の解消に寝だめNGな理由。

仕事がお休みの時に寝だめするひとがいますが、寝だめが睡眠を不足させる原因になることもあります。
正しい睡眠時間とはどれ位なんでしょうか。

寝だめが睡眠不足の原因に?

体が疲れていたりすると休みの日についつい寝だめしてしまうことがあります。
しかし、疲れを取るために行う寝だめが原因で睡眠不足を起こし、さらに体を疲れさせることもあるのです。
特に、前日に夜更かしした上に翌日お昼まで寝だめするのは一番よくありません。
理想的な睡眠時間は、7時間と言われていますが、夜中の3時に寝て昼11時に起きるのはかえって体を疲れさせます。
なぜなら、人は午後11時から夜中の2時の間にホルモンが分泌されます。
このホルモンは体力を回復させ精神的にも安定させるものです。
でも、寝ていないと分泌されない為夜中の3時まで起きていると分泌されないという事になります。
次の日、昼まで寝てもホルモンは出ない為疲れは取れないという事になり入眠時間がずれて睡眠不足の原因にもなるのです。

起きる時間は同じにして寝だめする

人は、朝太陽の光を浴びることで1日の活動が正常にできるような仕組みを持っています。
しかし、これを無視して夜中まで起きていて昼過ぎまで寝だめするような生活をしていると体内時計が狂ってきます。
次の日も頭がボーっとしますし、昼起きてもまともな活動はできないことがあります。
そんな悪循環にならないためにも、寝だめしたいなら、夜中まで起きていて次の日昼まで寝るのではなく早く寝ることをおすすめします。
例えば、夜いつも11時に寝ているなら2時間早く9時には寝ます。
朝はいつもの時間である6時に起きます。
これにより体内時計は狂いませんし、活発な活動ができるのです。
夜更かししなければ体内時計でだいたい起きる時間は決まっているので6時頃には目が覚めるはずです。
休みの日も元気に過ごすなら朝起きる時間はいつもと同じにしてください。

寝だめする人は夜型が多い

社会人や学生の中には休日、食べて寝て食べて寝てというのを繰り返す人がいます。
このような不規則な生活を休日に行っている人はだいたい夜型の人が多いです。
夜型の人は、夜元気になって昼間頭がボーっとしていたり、朝起きられない人がいます。
休日に寝だめしてこのような生活を送っていると平日の昼間も似たような感じになります。
集中力が低下し勉強や仕事の効率は悪くなり、夜仕事や勉強が終わって自宅に帰ると元気になるのです。
このような状態が長く続くと睡眠不足が慢性化して健康被害が出るほかうつ病にもなりやすくなります。
夜寝て昼活動するのが健康には一番ですので寝だめで体内時計がおかしくならないようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)