睡眠不足の解消は、休日の過ごし方にあり!

休日の過ごし方によっては、平日にも睡眠不足などの影響を及ぼします。
休日の朝寝坊はやってもよいのでしょうか。

朝寝坊より早寝で睡眠不足解消

人によって学校や会社が週休2日だったり週1回だったりします。
休み前になるとどうしても気分が大きくなったり夜遅くまで出かけたり友人と会って飲んだりします。
ストレス発散にはとても良いのですが、夜遅くまで起きているとどうしても次の日朝寝坊になってしまいます。
特にアルコールを飲んだ場合このような傾向が強くなり、人によっては昼位まで起きられないという人もいるんです。
せっかくの休みなのに何もできず1日無駄にするだけではなく、朝寝坊は体内時計を狂わせ睡眠不足の原因となります。
できれば、どんなに遅く帰って来ても一度は朝起きて下さい。
そして、睡眠不足になっている分、夜早めに就寝すると体の影響は最低限で治まり生活リズムも崩れません。
朝寝坊は何日も影響することがあるのでなるべくしないようにしてください。

休前日は夜更かししない

社会人になると休みの前の日の夜に誰かと会うようなこともありますが、できるだけ少なくして休前日は夜更かししないようにしてください。
夜更かしをするとどうしても朝寝坊になってしまいます。
生活リズムがおかしくなって平日まで集中力がなくなるようなことになるので気を付けて下さい。
できれば休前日も夜更かしせず、アルコールも飲み過ぎない方が睡眠不足を避ける行動になります。
どうしても集まる事があってもアルコールは少なめにしてできるだけ早く帰るようにします。
自宅に帰ってから食事をする場合も消化の良いものにすれば睡眠不足を回避できます。
できるだけ休みでも朝は起きて太陽の光を浴びてください。
そうすれば朝寝坊せず休日を有意義に過ごすことができます。

休みに体を動かして睡眠不足解消

なかなか平日は仕事や学校が忙しくて運動できないという人も結構います。
そんな人は朝寝坊せずにしっかり起きて休日に軽い運動をして体を少し疲労させてください。
睡眠不足の解消に運動が良いことは知られていますが、無理な運動や激しい運動はケガをしたり心臓に負担をかけます。
ウォーキングやお散歩、近くに買い物に行くのにちょっと歩くだけでも違いますので体を動かします。
天気のいい日に太陽を浴びてお散歩すれば体が覚醒して夜になると自然と眠くなります。
パソコンやスマホ等を避けて早めに食事を取れば狂いがちな生活リズムも整います。
早く休めばぐっすり眠れますし、朝寝坊せず軽い運動でストレス発散や健康増進、睡眠不足解消などが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)