ほんの15分だけで睡眠不足解消ができる?仮眠の取り方をご紹介

短い時間でも仮眠を取ることで睡眠不足解消が多少できることをご存知でしょうか。
リフレッシュでき記憶力も向上する仮眠の仕方をご紹介します。

15分の仮眠でリフレッシュ

人は毎日の生活の中で半日に一度ほど必ず眠たくなります。
それは、自然なことですので心配はいらないのですが、この時15分でも仮眠を取ると睡眠不足解消に役立つことがあるのです。
15分ならお昼の球形休憩時間の時でも大丈夫です。
机があるなら座ったままで目をつぶっているだけでも脳や目の働きを休めることができ精神が落ち着きます。
社会人なら15分、10代なら30分位仮眠するとちょうどよいと言われています。
15分後に起きるようタイマーをかけて寝てください。
昼食後すぐに寝たら太るのではと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、15分じっとしているだけですので大丈夫です。
かえって消化がちゃんとできダイエットにも良いのです。

睡眠不足を仮眠で取り戻す

夜、遅くまで起きているとどうしても寝つきが悪くなったり夜中何度も目が覚めて睡眠不足になります。
睡眠不足が続くと昼間強烈に眠たくなることがありますが、仮眠を15分取ると起きた後すごくスッキリします。
人の睡眠は、短時間でもかなり効果がでることがあり、眠たいのに我慢して作業をしても効率は悪くなる一方です。
それよりちょっとでも仮眠を取ることでスッキリできます。
仮眠の取り方としては横になってしまうと仮眠ではなくなって熟睡してしまいますので座ったままで行って下さい。
机に座ってでも良いし、電車や車、バスなどの乗り物に乗った時でもよいです。
目をつぶって体も心も休めることで睡眠不足を解消することができ健康上もとても良い状態になります。
ただし、仮眠をとってもまた夜遅くまで起きているとどんどん悪循環になりますので夜更かしはしないで下さい。

午後3時以降は仮眠しない

仮眠は、できればお昼から午後2時くらいまでの間が一番です。
それ以上仮眠を取るのが遅くなってしまうと今度は夜寝る時に困ったことになります。
人の体というのはリズムがあるため、睡眠を取ったら年時間後に眠くなるというのがあります。
午後3時以降に仮眠を取るとその7時間後8時間後にならないと眠くならないのです。
布団に入っても眠れないという状況になりかねません。
午後3時以降に仮眠して睡眠不足の原因になったら大変ですのでしないようにしてください。
仮眠を取るなら午後2時までと決めておき、その後は我慢して寝ないようにしてください。
そうすれば、早目に眠くなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です