ヨガは睡眠不足にも!ストレス解消にも!疲労回復にも!

睡眠不足解消には軽い運動を行うと良いと言いますが、ヨガが一番良いという人もいます。
どんなヨガが睡眠不足解消にはピッタリなんでしょうか。

ヨガでリラックスして睡眠不足解消

ヨガはインド等が発祥のストレッチですが、古くから健康に良いと言われていて、最近ではダイエットはもちろん睡眠不足解消で行っている人もいます。
ヨガは、体を動かすことはもちろんですが、一般的なストレッチに比べるとリラックス効果が高いと言われていてストレス解消にも高い効果があります。
このことが睡眠不足解消には深く関係しています。
人はストレスを抱えていると、布団に入ってもなかなか寝付けなくなってしまいます。
しかし、ヨガを行う事で軽い運動を実践できるだけではなく、ストレスも発散できリラックス効果も高いので睡眠に入りやすくなります。
ヨガで行う新呼吸は体の血流も良くしてくれるので、質の良い眠りが訪れ睡眠不足解消も難しくありません。
心も体もリラックスできるヨガは他の運動より睡眠不足解消には向いているのです。

副交感神経を優位にして睡眠不足解消

ヨガは、誰にでもできるストレッチです。
特にダイエットを目的としている若い女性に人気があり、キレイに健康的にダイエットする方法として評判なんです。
体が硬い人は最初からヨガのポーズがきちんとできない事もありますが、行っているうちにだんだん体も柔らかくなってきます。
ヨガを行って行くと副交感神経というのが優位になってきます。
ヨガではストレッチを行う時に深い呼吸をします。
これにより酸素が体を巡って副交感神経が優位になるだけではなく疲労回復にも効果的です。
この副交感神経とは睡眠の質を高めてくれる神経で、逆に交感神経が優位だと興奮状態になり眠れません。
ヨガで副交感神経を優位にして上質な眠りを取るようにして下さい。

睡眠不足解消するヨガのポーズとは

ヨガポーズは、寝る前に行うとぐっすり眠れますのでやってみてください。
良い睡眠を取るなら屍のポーズと言われるシャバーサナを実践してみてください。
このポーズは床にあおむけになって足を肩幅くらい広げます。
次に両手は体から少しあけて手の平を上にします。
目を閉じて腹式呼吸を行います。
ゆっくり何度か腹式呼吸を行う事でリラックス状態に入ります。
このヨガのポーズはとても高い精神安定効果があると言われていて寝る前に行うとさらに効果的です。
質の高い良い眠りができる簡単なヨガのポーズなので試してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です