睡眠不足の解消は、休日の過ごし方にあり!

休日の過ごし方によっては、平日にも睡眠不足などの影響を及ぼします。
休日の朝寝坊はやってもよいのでしょうか。

朝寝坊より早寝で睡眠不足解消

人によって学校や会社が週休2日だったり週1回だったりします。
休み前になるとどうしても気分が大きくなったり夜遅くまで出かけたり友人と会って飲んだりします。
ストレス発散にはとても良いのですが、夜遅くまで起きているとどうしても次の日朝寝坊になってしまいます。
特にアルコールを飲んだ場合このような傾向が強くなり、人によっては昼位まで起きられないという人もいるんです。
せっかくの休みなのに何もできず1日無駄にするだけではなく、朝寝坊は体内時計を狂わせ睡眠不足の原因となります。
できれば、どんなに遅く帰って来ても一度は朝起きて下さい。
そして、睡眠不足になっている分、夜早めに就寝すると体の影響は最低限で治まり生活リズムも崩れません。
朝寝坊は何日も影響することがあるのでなるべくしないようにしてください。

休前日は夜更かししない

社会人になると休みの前の日の夜に誰かと会うようなこともありますが、できるだけ少なくして休前日は夜更かししないようにしてください。
夜更かしをするとどうしても朝寝坊になってしまいます。
生活リズムがおかしくなって平日まで集中力がなくなるようなことになるので気を付けて下さい。
できれば休前日も夜更かしせず、アルコールも飲み過ぎない方が睡眠不足を避ける行動になります。
どうしても集まる事があってもアルコールは少なめにしてできるだけ早く帰るようにします。
自宅に帰ってから食事をする場合も消化の良いものにすれば睡眠不足を回避できます。
できるだけ休みでも朝は起きて太陽の光を浴びてください。
そうすれば朝寝坊せず休日を有意義に過ごすことができます。

休みに体を動かして睡眠不足解消

なかなか平日は仕事や学校が忙しくて運動できないという人も結構います。
そんな人は朝寝坊せずにしっかり起きて休日に軽い運動をして体を少し疲労させてください。
睡眠不足の解消に運動が良いことは知られていますが、無理な運動や激しい運動はケガをしたり心臓に負担をかけます。
ウォーキングやお散歩、近くに買い物に行くのにちょっと歩くだけでも違いますので体を動かします。
天気のいい日に太陽を浴びてお散歩すれば体が覚醒して夜になると自然と眠くなります。
パソコンやスマホ等を避けて早めに食事を取れば狂いがちな生活リズムも整います。
早く休めばぐっすり眠れますし、朝寝坊せず軽い運動でストレス発散や健康増進、睡眠不足解消などが期待できます。

睡眠の質が下がっているなら意識したい!生活リズムの取り方

夜ぐっすり眠れないようなら睡眠の質が下がってしまっている状態です。
生活リズムをきちんとして睡眠の質を下げないようにすることが大切です。

生活リズムと睡眠の質

理想の睡眠時間は7時間といわれていますが、睡眠時間よりも大切だと言われているのが睡眠の質です。
どんなに長い睡眠時間を取ったとしても睡眠の質が悪ければ疲れは思ったよりも取れないのです。
睡眠の質を上げるためには、きちんとした生活リズムを取ることが最も近道です。
夜、布団に横になる時間を決めておきます。
別にきっちり7時間にこだわらなくても良いので布団に入って寝るというのを習慣づけます。
朝起きる人も決めてその時間に毎日起きるようにしてください。
必ず、朝起きたらお天気の場合太陽光を浴びてください。
太陽光を浴びると生活リズムがきちんとなりやすいです。
これだけでかなり睡眠の質が上がります。

睡眠の質を上げ睡眠不足解消

睡眠の質は生活リズムと整えることが近道ですが、生活リズムは睡眠ばかりではありません。
例えば、朝食の時間、昼食の時間、夕食の時間など食事の時間も生活リズムに入ります。
食事をすると胃や腸が活発に消化活動を行います。
こんな消化をしている時に寝るのはよくありません。
寝ようとしても食べた直後は眠れないことが多いのですが、睡眠の質もすごく下がります。
できれば、睡眠する2時間前までに食事や間食も済ませて下さい。
食事だけではなく、ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、ストレッチなどの軽めの運動をしたりするのも睡眠の質を上げるには良いです。
他にもリンパマッサージを行うと質の良い眠りが取りやすくなりますので時間を決め寝る1時間位までに終わらせ後はゆっくりしてください。
寝る前はパソコンやスマホなども控えゆっくりと過ごすのが睡眠の質を上げるには良いのです。

生活リズムを整えるなら朝が肝心

生活リズムを整え睡眠の質をあげるためには朝から活発に活動するのが一番です。
まずは、朝決まった時間に起きてください。
生活リズムがおかしくなっている人は結構朝起きられない人が多いです。
朝起きても頭がボーっとしたりしますが、太陽光を朝からしっかり浴びれば人間の本能で必ず目が覚めます。
決まった時間に起きて太陽光を浴びる生活を始め生活リズムを整えるようにしてください。
ラジオ体操や早朝のウォーキングなど軽い運動をすると目が覚めやすくなります。
このような運動を朝から行えば睡眠の質も高まり、夜決まった時間からぐっすり眠れるようになります。

睡眠不足の解消に寝だめNGな理由。

仕事がお休みの時に寝だめするひとがいますが、寝だめが睡眠を不足させる原因になることもあります。
正しい睡眠時間とはどれ位なんでしょうか。

寝だめが睡眠不足の原因に?

体が疲れていたりすると休みの日についつい寝だめしてしまうことがあります。
しかし、疲れを取るために行う寝だめが原因で睡眠不足を起こし、さらに体を疲れさせることもあるのです。
特に、前日に夜更かしした上に翌日お昼まで寝だめするのは一番よくありません。
理想的な睡眠時間は、7時間と言われていますが、夜中の3時に寝て昼11時に起きるのはかえって体を疲れさせます。
なぜなら、人は午後11時から夜中の2時の間にホルモンが分泌されます。
このホルモンは体力を回復させ精神的にも安定させるものです。
でも、寝ていないと分泌されない為夜中の3時まで起きていると分泌されないという事になります。
次の日、昼まで寝てもホルモンは出ない為疲れは取れないという事になり入眠時間がずれて睡眠不足の原因にもなるのです。

起きる時間は同じにして寝だめする

人は、朝太陽の光を浴びることで1日の活動が正常にできるような仕組みを持っています。
しかし、これを無視して夜中まで起きていて昼過ぎまで寝だめするような生活をしていると体内時計が狂ってきます。
次の日も頭がボーっとしますし、昼起きてもまともな活動はできないことがあります。
そんな悪循環にならないためにも、寝だめしたいなら、夜中まで起きていて次の日昼まで寝るのではなく早く寝ることをおすすめします。
例えば、夜いつも11時に寝ているなら2時間早く9時には寝ます。
朝はいつもの時間である6時に起きます。
これにより体内時計は狂いませんし、活発な活動ができるのです。
夜更かししなければ体内時計でだいたい起きる時間は決まっているので6時頃には目が覚めるはずです。
休みの日も元気に過ごすなら朝起きる時間はいつもと同じにしてください。

寝だめする人は夜型が多い

社会人や学生の中には休日、食べて寝て食べて寝てというのを繰り返す人がいます。
このような不規則な生活を休日に行っている人はだいたい夜型の人が多いです。
夜型の人は、夜元気になって昼間頭がボーっとしていたり、朝起きられない人がいます。
休日に寝だめしてこのような生活を送っていると平日の昼間も似たような感じになります。
集中力が低下し勉強や仕事の効率は悪くなり、夜仕事や勉強が終わって自宅に帰ると元気になるのです。
このような状態が長く続くと睡眠不足が慢性化して健康被害が出るほかうつ病にもなりやすくなります。
夜寝て昼活動するのが健康には一番ですので寝だめで体内時計がおかしくならないようにして下さい。

軽い運動やトレーニングで快適な睡眠を取る方法

軽い運動やトレーニングは、健康にも良いと言われていますが睡眠不足解消にも効果があります。
快適な睡眠を取るための運動などをご紹介します。

軽い運動やトレーニングで質の良い睡眠

人は、日中移動したり仕事したり運動したりすることで体力を使います。
軽い運動やトレーニングをすると、体が軽く疲労しますがこれが良い睡眠を取るためには必要なんです。
人の体はうまい具合にできていて、疲れすぎても眠れませんし逆に疲れないと眠れないのです。
自分の体力に合った軽い運動やトレーニングをすると、体力を回復させるために体も必要なホルモンなどを出すのです。
また、運動することによって血行が良くなりぐっすりと眠れるようになります。
ぐっすり夜眠れれば朝もスッキリ起きることができますし運動して寝ることで何度も同じ良い循環になります。
毎日の予定に軽い運動やトレーニングをすることによって睡眠不足と健康維持に役に立ちます。
急に激しい運動をするとケガの元にもなりますので、とにかく軽い運動やトレーニングから始めてください。

ヨガやストレッチでも十分!睡眠不足に与える効果

実際に軽い運動やトレーニングとは、どのようなことをすると睡眠不足解消に役立つのでしょうか。
運動というとマラソンをしたり筋肉トレーニングをしなくてはと思う人もいます。
しかしそんなキツイ運動をすると人の体は興奮状態になり睡眠不足の原因にもなります。
そうではなくて、例えばヨガやストレッチなどの室内の体操でも良いのです。
食事の前でもよいですし、お風呂の前でもよいです。
DVDを見ながらまねてストレッチをするだけでも睡眠不足解消につながります。
ウォーキングも有酸素運動で健康的です。
ちょっと遠くのスーパーまで歩くとか自転車を徒歩にするなどで無理する必要はありません。
軽い運動やトレーニングをできるだけ毎日することが睡眠不足を撃退してくれるのです。

運動でホルモンの分泌を促す

軽い運動やトレーニングをすると夜分泌されるホルモンがたくさん出ることが判っています。
夜の11時から夜中の2時までの間に出るホルモンは、体だけではなく心にも安定を与えてくれます。
肉体的にも精神的にも有効なホルモンなんですが、運動不足だったり逆に運動をやり過ぎると分泌が少なくなります。
これにより体力や精神面の安定に影響が出ることもあるのです。
軽い運動やトレーニングをしてホルモンをたくさん出すようにしてください。
このホルモンは、軽い運動やトレーニングの他にもリラックス状態だと出やすくなります。
軽く運動した後質の良い眠りがとれるような室内や寝具にすることでぐっすり眠ることができます。

睡眠不足の解消には早寝が最適?正しい入眠時間とは?

日本人で睡眠不足を感じている人はかなりいると言われていますが、早寝した方がよいのでしょうか。
睡眠を開始する時間と正しい入眠についてご紹介します。

睡眠時間を考えて入眠時間を決める

早寝早起きは3文の得ということわざがありますが、昔と違い電気の普及で夜でも明るい為睡眠不足の人が多いです。
体が疲れているから早く寝ようとしてもなかなか寝付けないのが現代人の問題でもあります。
早寝は健康に良いと思われがちですが、人の理想的な睡眠時間は7時間といわれています。
しかし、理想的な睡眠時間7時間と早寝というのが両立していないのが現状です。
朝6時に起きるなら夜11時頃寝れば良いという解釈になりますが、夜10時から夜中の2時までに成長ホルモンがでます。
健康のためには夜10時までには寝た方が良いという人もいますが、それだと朝5時が理想ということになります。
人によって熟睡できたりできなかったりという事もありますし、きっちり7時間にこだわる必要も無いです。
あくまで目安として睡眠時間と入眠時間を考えて下さい。

質の良い睡眠を取れば早寝の必要はない

どうしても人によっては7時間の睡眠時間を取れないという人がいます。
帰宅が午後9時を過ぎ、それから食事という人もいるからです。
そんな人はできるだけ食事などを工夫し、睡眠の質を上げることに努めて下さい。
睡眠時間はできれば7時間取るのが良いのですが、食事を食べて1時間は横にならない方が消化のためにも良いです。
でも現実的にはご飯を急いで食べてお風呂に入ったら寝るという人もいます。
そうなると食べ物を消化するために内臓が動きなかなか寝付けなくなります。
そうならない為にも夜遅く食事をするときは消化の良いものを食べ、ホットミルクなど睡眠しやすくなる工夫をすると良いです。
睡眠の質があがり、ぐっすりと眠れるので短時間でも疲れが取れます。
早寝にこだわると睡眠不足になってしまいますので、そんな人はぐっすり寝ることにこだわってください。

太陽をしっかり浴びて早寝する

朝、しっかり起きて太陽の光を浴びると夜、ぐっすり眠れて睡眠の質が上がります。
睡眠不足になると、どうしても体内時計が狂って朝起きられなかったりボーっとします。
しかし、太陽の光を浴びることで体が朝だと認識して目が覚めるのです。
朝、太陽を浴びて目が覚めれば、夜自然と早く寝られるようになります。
しかも、朝起きる時間を決めると体内時計の働きで決まった時間に眠くなってきます。
この生活のリズムが狂わないようにすれば健康で良い眠りが取れるようになります。

睡眠不足の人におすすめの昼寝法!

人によって睡眠不足を感じている人もいますが、昼寝をすることも場合によっては良い場合があります。
寝すぎてしまうと逆に体への負担をかけますが、良い昼寝をすれば睡眠不足解消にもなります。

効果的に昼寝して睡眠不足解消

日本人はまじめなので昼寝の時間を取っている人はほとんどいませんが、実は、昼寝をすることで勉強や仕事の効率がアップします。
世界では積極的に昼寝を奨励している国もある位で日本でも昼寝が見直されています。
多忙な人はなかなか睡眠時間がとれずに睡眠不足になっている人も多いのですが、昼寝をすることでリフレッシュできます。
できれば、10代から40代までの人は、10分から15分昼寝すると効率的に活動が昼からできます。
眠たいままの状態で勉強をするよりも10分でも寝てリフレッシュした方が良いのです。
できれば、健康の面から言うと30分位昼寝した方が良いと言われていますが、それ以上はかえって眠たくなるのでダメです。

上手な昼寝の仕方とは

学生さんやOLさん、サラリーマンの方など昼休みの時間はだいたい1時間と決まっています。
その短い時間で昼食も食べて昼寝をするとなると結構難しいです。
しかし、数分でも昼寝をすることでリラックス状態になり、ストレスも減り勉強や仕事の効率が上がることも多いです。
できれば、横になって足を伸ばして昼寝ができる所が一番なんですが、無理な場合、自分の机や車の中などでちょっとだけ実践してください。
疲れているときなどには、なかなか寝てから起きられないようなこともあるので、必ず時計やスマホで何分後からに目覚ましをかけてください。
自分では10分位寝たつもりでも、1時間位経っていることもあるからです。
目が覚めたらコーヒーやお茶など水分をとって目を覚ますようにすると昼から効率的に仕事や勉強ができます。

昼寝は長くしてはダメ。短時間昼寝の効果

都市部などでは最近昼寝専用のお店などができ、短時間昼寝できるスペースも増えています。
睡眠不足が続くと健康や精神にも影響を与えることがあるため、今昼寝が見直されているのです。

しかし、昼寝をしっかり取ればよいというわけではありません。

昼寝は、忙しい人なら3分間目をつぶっているだけでも良いのです。

脳を休めるだけではなく目の働きも休むことができ、リフレッシュになります。
できれば、10分から30分昼寝の時間が取れれば健康に良いと言われています。
それ以上になると、今度は眠たくなってきて記憶力が落ちたり食欲不振の原因になります。
昼寝は長くすると逆効果になり頭がボーッとすることもあるので時間に気を付けて下さい。

食事の食べ方やメニューを工夫して睡眠不足解消

睡眠不足の人の中には食事の食べ方が悪かったりメニューが偏っている人がいます。
食べ方やメニューを改善して睡眠不足を解消するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

食事の時間と睡眠不足

睡眠不足の原因の中には、少なからず食事と関係していることも多くあります。
特に食事の時間は大切で、できれば寝る3時間くらい前までには食事を済ませておいた方が良いと言われています。
これは、夜遅くに食事を取ったりすると胃や腸が食べ物を消化するために寝る時になっても活発に動きます。
そうなると自分では寝なくてはいけないと思っていても内臓が動いていてぐっすり眠れないことがあるのです。
このような状況を避けるため、できるだけ寝る直前の食事は良くないのですが、お仕事によっては夜遅くなる場合もあります。
胃や腸が動いているのに寝ようとすると胸やけや消化不良を起こすこともあるのです。
どうしても寝る直前に食事を取られる場合は、消化の良いものを食べるようにして胃や腸に負担をかけないようにして下さい。

消化の良いものを食べて睡眠不足解消

日本人は、1日3食のうち夜しっかり食べることが多いのですが、実は夜遅いとこれが体に負担をかけ睡眠不足の原因になることがあります。
夕方の午後6時にお肉を食べるのと午後10時に食べるのでは消化率も悪くなりますし遅いと肥満の原因にもなります。
これは、胃腸の働きが夜遅くなるにつれて落ちてくるからです。
消化自体に時間がかかるため寝る時になっても胃腸が活発に動き、熟睡できなかったり寝つきが悪くなることもあります。
これらを防ぐには、夜遅い食事ならできるだけ消化の良いあっさりとしたものを食べると良いです。
うどんは、消化がよいだけではなくブドウ糖を摂取できるため、寝起きがとても良くなります。
毎日うどんというわけにはいきませんが、消化の良いものを食べるよう気をつけるだけでかなり睡眠不足解消になります。

間食をしないで睡眠不足解消

睡眠不足の原因の中には夕食を食べた後の間食が原因で起こっているものもあります。
夕方、結構早い時間などに食事を食べられる人の中には夜遅くなってお腹が減り間食する人もいます。
メニューでいうとケーキとコーヒーとか、そういうものの場合、コーヒーに含まれるカフェインなどでさらに眠れなくなります。
特に午後10時以降の間食はしない方が良いです。
どうしても、間食をする場合は、カロリーが低く消化の良いものを食べると良いです。
例えばヨーグルトなどです。
乳製品は、精神を落ち着かせてくれ入眠にも良いですし質の高い眠りが取れます。
また、食べたものの消化にも良いので便秘解消にもなります。

栄養不足が睡眠不足やうつ病に?無理なダイエットの危険性

栄養が不足しても睡眠不足になるという事を知らない人がいます。
特にダイエットによる栄養不足は、睡眠不足だけではなく健康被害になりかねません。

ダイエットで睡眠不足になる

ダイエットは、体重が減り脂肪の割合も下がるので健康になるようなイメージが強いです。
しかし、無理なダイエットは、栄養不足となって体に無理をさせるだけではなく健康が損なわれ睡眠不足になります。
誰でもそうですが、お腹がものすごく減っている状態では眠れません。
栄養や食事が足りない状態だと血糖値も上がらず空腹状態のホルモンがずっと出る為です。
お腹がすいているとそれをストレスと感じますし、睡眠不足になることで精神的にも崩壊することがあるのです。
せっかく体重は落ちても心も体もボロボロという状態では何にもなりません。
極端なダイエットは、睡眠不足以外の健康も脅かしますので注意してください。

栄養不足でうつ病になることも

ダイエットや精神的な不安で食事を取らないようになると、睡眠ホルモンといわれるメラトニンという物質がきちんと出なくなることがあります。
つまり、栄養不足になることで睡眠がきちんとできないようになり、睡眠不足になってしまうのです。
このような状態が長く続くと、体重はへりますが、精神的に参ってしまうことがあります。
このような栄養不足が原因でうつ病になってしまうことがあります。
うつ病はとても怖い病気で、見た目は普通なんですが、通常の社会生活が送れなくなるようなこともたくさんおこります。
特にうつ病の薬などを飲んでいる方は車の運転を控えるように言われる場合もあります。
朝起きても会社に行ったり学校に行ったりすることができなくなり精神的に追い詰められていってしまうのです。
そうならないためにも栄養不足を起こすようなダイエットなどは控えるようにしてください。

必要な栄養は取って睡眠不足解消

人は必要な栄養を取らないと夜ぐっすり眠ることができなくなります。
特にダイエットなどでは極端な食事制限をすることによって栄養不足になり睡眠が阻害されます。
ダイエット時に大切なのは、食事を取らないということではなく、カロリーを控えるという事です。
必要な栄養は炭水化物とか油とか、脂肪も少し取りますが、野菜中心のメニューに変えただけでもかなりカロリーカットできます。
健康的に痩せるには食事の量を減らすのではなく質を変えれば良いのです。
若い女性の中には極端に食事制限し栄養不足になり拒食症になり睡眠不足になる人もいます。
痩せたいからと言って病気になってしまってはどうしようもないので注意したほうが良いです。

パソコンやスマホによる睡眠不足の危険性と解消方法

パソコンやスマホをずっと使っていると睡眠不足の原因になることがあります。
なぜパソコンやスマホを寝る前に使うと危険性が上昇するのでしょうか。

パソコンやスマホで睡眠不足になる原因

近年、問題になっている睡眠不足にはパソコンやスマホの使い過ぎもあります。
急速なインターネットの発達により、パソコンやスマホを日常的に使う機会が増えてきました。
それに伴ってパソコンやスマホを原因とする睡眠不足が深刻な問題になっています。
特に若い世代では、寝る直前までパソコンやスマホをしている人も多く、スマホ依存という言葉さえあります。
夜、寝る前までパソコンやスマホをしているとブルーライトを浴び睡眠不足になります。
また、映像や音楽、ゲームなどを布団に入ってからもすることで興奮状態が続き眠りにくい状況になるのです。
寝る1時間から2時間前までにはパソコンやスマホの使用を止めた方が良いと言われています。

友達付き合いと若者の睡眠障害

特に中学生や高校生などパソコンやスマホを始めたばかりの年代ではスマホ依存などが深刻になっています。
スマホ依存になると1日中スマホをしたくてたまらない状態になります。

スマホのゲームアプリにハマる子もいれば、友達のLINEやTwitterなどでのやり取りを絶え間なくする子もいます。

夜の睡眠時間も削ってスマホなどをすることで睡眠不足になり健康被害が出たり記憶力の低下が見られることがあるのです。
夜だけではなく、次の日の日中も眠たい状態がずっと続き、勉強がおろそかになったり食欲が落ちるという事もあるようです。

さらにパソコンやスマホを使うことで発せられるブルーライトも睡眠不足と深く関係していると言われています。
こうならないためにも、パソコンやスマホを使う時間を制限した方が良い場合もあります。
パソコンやスマホでの睡眠不足の症状が深刻になると精神的にも危険な状態になることがありますので気を付けて下さい。

睡眠障害とブルーライト

夕方になると太陽が沈み、夜になると真っ暗になりますが、人の体は本能的に夜を感知して眠たくなります。
しかし、パソコンやスマホのブルーライトは、日光と同じ可視光線を利用しているので体が勝手感知して昼間だと思ってしまうのです。
昼間だと思った体は睡眠状態に入れなくなり寝つきがとても悪くなります。
この状態によって睡眠不足に陥ってしまうのです。
できれば、パソコンやスマホは寝る2時間前には終えた方が良いのです。
どうしても、仕事などで夜遅くまでパソコンなどの作業をされる場合は、ブルーライトをカットする眼鏡もあります。

スマホやパソコンのディスプレイ用に、ブルーライトをカットする機能の搭載された液晶保護フィルムもありますので、そういったものを活用しても良いでしょう。

ブルーライトカットフィルム

特に若い人はスマホ依存になりがちでブルーライトをたくさん浴びます。
できるだけ夜はブルーライトを浴びないような工夫をして下さい。

育児中の睡眠不足とストレス対策!

育児中のお母さんはどうしても睡眠不足になりがちです。
ストレスを溜めずに睡眠不足を軽くするにはどうすればいいでしょうか。

カルシウムを取って睡眠不足解消

カルシウムを取るとイライラしないとよく言われてますが、カルシウムには興奮を抑える作用があります。
イライラしたり怒ったりしている時は興奮状態ですので、まんざら嘘というわけではないのです。
赤ちゃんの育児では、赤ちゃんが何で泣いているのか判らなかったり睡眠不足になったりでイライラしがちです。
そんな時は、カルシウムをたくさん取るようにしてイライラを抑えて下さい。
カルシウムは、質の良い睡眠を取るのにもおすすめの栄養素です。
赤ちゃんは数時間おきに起きるのでぐっすり眠る暇がありませんが、カルシウムを取ることでぐっすり眠れるようになります。
質の良い睡眠が取れ短時間の睡眠でもスッキリ起きれますので実践してみてください。

ミルクを上手に使って睡眠不足確保

特に初めてのお子さんの時等は、どうしても自分の母乳で育てたいとこだわってしまうことがあります。
しかし、母乳はどれ位出ているのか判りづらいです。
さらに、母乳は消化吸収が良い為、赤ちゃん自体すぐにお腹が減ります。
お母さんは睡眠不足になり、イライラしてさらに睡眠不足がひどくなります。
赤ちゃんが夜泣きしたり、睡眠不足が足りないと思ったら母乳にこだわらずミルクを飲ませる事も考えて下さい。
ミルクは、母乳に比べると消化に時間がかかるため、あかちゃんのお腹も空きにくいです。
夜だけミルクを飲ませてみるなど上手に活用して睡眠不足確保した方がお母さんにも赤ちゃんにも良いことが多いです。

1週間に一度はお休みして睡眠不足解消

特に赤ちゃんが生まれて数カ月の間は、お母さんが睡眠不足になってしまう事がとても多いです。
単なる睡眠不足だと簡単に考える人もいるのですが、実は人により睡眠不足が原因で健康を害したり精神的に参ってしまうことがあります。
できれば、1週間に一度でもいいのでお母さんにお休みの時間を与えてあげて下さい。
一番良いのは旦那さんが赤ちゃんの面倒を見てあげることです。
親子のコミュニケーションも取れますし、お母さんがどれだけ大変か判っていたわりの気持ちが生まれ夫婦仲も良くなります。
別に1日中でなくても良いのです、ほんの数時間でも自由な時間をお母さんに与えてあげて下さい。
旦那さんが無理なら実家のご両親やご姉妹、市町村では登録すれば格安で見てくれる制度もあります。
とにかく自分の時間を数時間でも作って睡眠不足解消やストレス解消に充てて下さい。