セロトニン不足と睡眠不足の関係は?セロトニンを増やす方法とは

睡眠不足を解消するには、セロトニンという物質を分泌させると良いといいます。
セロトニンを増やす為にはどのような行動を取ればよいのでしょうか。

睡眠不足とセロトニンの関係

自分で思うように睡眠ができないと睡眠不足になります。
これは、体内で分泌されるものにも関係すると言われていますが、特に関係が深いと言われているのがセロトニンです。
セロトニンとは脳内で分泌される物質だと言われています。
セロトニン分泌されることで、朝は覚醒し夜は眠くなります。
人によっては、このセロトニンが分泌されるために大切だと言われている体内時計が狂っていることもあるのです。
夜型の人等には特に体内時計がおかしくなってセロトニンが上手く分泌されていない人もいます。
このような状況の人は、まず体内時計を正常にしてセロトニンを出すことが睡眠不足解消に繋がります。

太陽光でセロトニンが増える

体内時計や睡眠不足と関係が深いセロトニンとはどうやったら分泌されるのでしょうか。
実は、とっても簡単な方法でロトニンの分泌を促すことができます。
セロトニンを分泌させるのに有効だと言われているのが太陽光です。
朝、太陽が昇りますができるだけこの朝の太陽光を浴びるのです。
人の体は強い光を浴びると体の中の体内時計がリセットされて朝だと感知します。
これにより、脳内でセロトニンが分泌され、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンがセロトニンから作られるのです。
メラトニンが出る事によって夜になると自然と眠くなります。
このパターンをくり返すために朝から太陽光を浴びてセロトニンを分泌させることが大切なんです。
セロトニンからメラトニンが作られ夜もぐっすり眠れるようになります。

セロトニンで心も体も元気

睡眠不足を解消するためには睡眠ホルモンであるメラトニンを作る為にセロトニンが必要です。
このセロトニンは、メラトニンを作るだけではなく、他にも様々な効果があるのです。
セロトニンは体内で分泌されることによって精神的な安定をもたらすと言われています。
うつ病や不安障害の予防にもセロトニンが必要だという人もいて、夜、しっかり睡眠不足を解消することが精神を落ち着かせるのです。
逆にセロトニンが不足するとこのような精神的な症状が見られる事が増えるのです。
セロトニンは血圧や脈拍にも作用すると言われています。
血圧を低くし、脈拍を安定させ体も心も元気にしてくれるのです。
体内時計が狂うことで大切なセロトニンが分泌されなくなり精神も体も不安定になることがあります。
健康で気持ち良い毎日を送る為にはセロトニンが必要ですので太陽光を浴びてぜひ増やして下さい。

太陽の光を浴びて睡眠不足を解消!体内時計と睡眠不足の関係

睡眠不足の人は、太陽の光を浴びると良いという話がありますが本当でしょうか。
なぜ、太陽光を浴びると睡眠不足解消によいのでしょうか。

睡眠不足と体内時計

睡眠不足の人の特徴として夜元気で朝眠たそうにしていることが多いです。
なぜなら、朝目が覚めていない状態だからです。
これは、人の体の中の体内時計が狂ってしまっているからです。
体内時計が狂うと朝は眠たく、目が覚めてくるのは昼ごろで集中力もありません。
夕方ころになるとだんだん元気になり夜皆が寝る頃はすっかり目が冴えているため眠れず睡眠不足になります。
この状態が長く続くことで体に不調をきたしたり、普通の学校や会社での生活が上手くいかなくなる原因になるのです。
それを防ぐのに良いと言われるのが太陽の光です。
朝の太陽を浴びると人はだれでも気持ち良いと感じます。
太陽の光を朝しっかり浴びることで体内時計がリセットされると言われているのですから実践してみてください。

太陽光で体内時計をリセットする

太陽光を浴びると体内時計がリセットされ目が覚めると言われていますがなぜでしょうか。
人は、太陽の光を浴びることで朝だということを体内が認識します。
体内が光を感じることでセロトニンという物質が分泌されると言われているのです。
この物質が体内で分泌されることで脳が目を覚まし、しっかりと記憶したり体を動かせるようになるのです。
体内時計が狂ってしまって睡眠不足になっている人でも太陽光を浴びてセロトニンを分泌させれば昼活発に行動できるようになります。
昼間、ちゃんと目を覚まして動けば自然と夜眠れるようになるので睡眠不足も解消します。
できれば、軽い運動をしたり消化の良い食べ物を食べたりと他の事も太陽光を浴びることと併用して行って下さい。

毎日繰り返すことで夜眠れるようになる

睡眠不足になっている人には夜寝る時間が日によって違うことがあります。
仕事だったり、用事があったり人によって予定があるのも判りますが、できれば夜寝る時間はだいたい同じようにすると良いです。
もしも、どうしても寝る時間が不規則なったら、朝起きる時間を同じにして下さい。
例えば朝6時に起きると決めておきます。
朝、6時に起きる習慣を体が覚えれば体内時計がそのことに慣れてきます。
体が慣れると平日の仕事の時はもちろんですが、休みの日も自然と起きれるようになるのです。
そして朝決まった時間に起きたら太陽の光をしっかり浴びてください。
薄暗いカーテンで閉め切った部屋で起きても体内時計は作動してくれません。
太陽光を浴びる習慣を付ける夜ぐっすり眠れるようになります。