ヨガは睡眠不足にも!ストレス解消にも!疲労回復にも!

睡眠不足解消には軽い運動を行うと良いと言いますが、ヨガが一番良いという人もいます。
どんなヨガが睡眠不足解消にはピッタリなんでしょうか。

ヨガでリラックスして睡眠不足解消

ヨガはインド等が発祥のストレッチですが、古くから健康に良いと言われていて、最近ではダイエットはもちろん睡眠不足解消で行っている人もいます。
ヨガは、体を動かすことはもちろんですが、一般的なストレッチに比べるとリラックス効果が高いと言われていてストレス解消にも高い効果があります。
このことが睡眠不足解消には深く関係しています。
人はストレスを抱えていると、布団に入ってもなかなか寝付けなくなってしまいます。
しかし、ヨガを行う事で軽い運動を実践できるだけではなく、ストレスも発散できリラックス効果も高いので睡眠に入りやすくなります。
ヨガで行う新呼吸は体の血流も良くしてくれるので、質の良い眠りが訪れ睡眠不足解消も難しくありません。
心も体もリラックスできるヨガは他の運動より睡眠不足解消には向いているのです。

副交感神経を優位にして睡眠不足解消

ヨガは、誰にでもできるストレッチです。
特にダイエットを目的としている若い女性に人気があり、キレイに健康的にダイエットする方法として評判なんです。
体が硬い人は最初からヨガのポーズがきちんとできない事もありますが、行っているうちにだんだん体も柔らかくなってきます。
ヨガを行って行くと副交感神経というのが優位になってきます。
ヨガではストレッチを行う時に深い呼吸をします。
これにより酸素が体を巡って副交感神経が優位になるだけではなく疲労回復にも効果的です。
この副交感神経とは睡眠の質を高めてくれる神経で、逆に交感神経が優位だと興奮状態になり眠れません。
ヨガで副交感神経を優位にして上質な眠りを取るようにして下さい。

睡眠不足解消するヨガのポーズとは

ヨガポーズは、寝る前に行うとぐっすり眠れますのでやってみてください。
良い睡眠を取るなら屍のポーズと言われるシャバーサナを実践してみてください。
このポーズは床にあおむけになって足を肩幅くらい広げます。
次に両手は体から少しあけて手の平を上にします。
目を閉じて腹式呼吸を行います。
ゆっくり何度か腹式呼吸を行う事でリラックス状態に入ります。
このヨガのポーズはとても高い精神安定効果があると言われていて寝る前に行うとさらに効果的です。
質の高い良い眠りができる簡単なヨガのポーズなので試してみてください。



軽い運動やトレーニングで快適な睡眠を取る方法

軽い運動やトレーニングは、健康にも良いと言われていますが睡眠不足解消にも効果があります。
快適な睡眠を取るための運動などをご紹介します。

軽い運動やトレーニングで質の良い睡眠

人は、日中移動したり仕事したり運動したりすることで体力を使います。
軽い運動やトレーニングをすると、体が軽く疲労しますがこれが良い睡眠を取るためには必要なんです。
人の体はうまい具合にできていて、疲れすぎても眠れませんし逆に疲れないと眠れないのです。
自分の体力に合った軽い運動やトレーニングをすると、体力を回復させるために体も必要なホルモンなどを出すのです。
また、運動することによって血行が良くなりぐっすりと眠れるようになります。
ぐっすり夜眠れれば朝もスッキリ起きることができますし運動して寝ることで何度も同じ良い循環になります。
毎日の予定に軽い運動やトレーニングをすることによって睡眠不足と健康維持に役に立ちます。
急に激しい運動をするとケガの元にもなりますので、とにかく軽い運動やトレーニングから始めてください。

ヨガやストレッチでも十分!睡眠不足に与える効果

実際に軽い運動やトレーニングとは、どのようなことをすると睡眠不足解消に役立つのでしょうか。
運動というとマラソンをしたり筋肉トレーニングをしなくてはと思う人もいます。
しかしそんなキツイ運動をすると人の体は興奮状態になり睡眠不足の原因にもなります。
そうではなくて、例えばヨガやストレッチなどの室内の体操でも良いのです。
食事の前でもよいですし、お風呂の前でもよいです。
DVDを見ながらまねてストレッチをするだけでも睡眠不足解消につながります。
ウォーキングも有酸素運動で健康的です。
ちょっと遠くのスーパーまで歩くとか自転車を徒歩にするなどで無理する必要はありません。
軽い運動やトレーニングをできるだけ毎日することが睡眠不足を撃退してくれるのです。

運動でホルモンの分泌を促す

軽い運動やトレーニングをすると夜分泌されるホルモンがたくさん出ることが判っています。
夜の11時から夜中の2時までの間に出るホルモンは、体だけではなく心にも安定を与えてくれます。
肉体的にも精神的にも有効なホルモンなんですが、運動不足だったり逆に運動をやり過ぎると分泌が少なくなります。
これにより体力や精神面の安定に影響が出ることもあるのです。
軽い運動やトレーニングをしてホルモンをたくさん出すようにしてください。
このホルモンは、軽い運動やトレーニングの他にもリラックス状態だと出やすくなります。
軽く運動した後質の良い眠りがとれるような室内や寝具にすることでぐっすり眠ることができます。