マットレスは固い方が良い?それとも柔らかい方が良いのか

布団でもベットでもマットレスを敷くことがありますが、固いものと柔らかいものどちらが良いのでしょうか。
マットレスが合わないと睡眠不足の原因にもなるので合うものを使った方が良いのです。

固いマットレスと柔らかいマットレス

マットレスも固いものと柔らかいものがあります。
人によってマットレスの好みがありますが、自分の体と合っているかどうか判らず合わない事もあるのです。
高齢者の方の中には柔らかい布団で寝ると腰が痛くなると言って畳ベットなどに寝られる方もいます。
しかし、マットレスは固い方が良いというのは一概に言えないのです。
マットレスが合わないと腰痛の原因になったり睡眠不足になることもあるのでとても重要です。
マットレスを選ぶときは、まず寝てみて寝心地も確かめなければなりませんが腰や寝返りを打ったとき楽なのかも確認してください。

自分の体に合ったマットレスとは

マットレスにも色々あります、固い柔らかいだけではなく、よく低反発や高反発という言葉も聞くと思います。
低反発マットレスは、ウレタンからできているマットレスで、素材の特性により冬は固くなり夏は柔らかくなります。
接地面が多くなるので包み込むように暖かく夏は暑さを感じることがあります。
高反発マットレスは、理想の睡眠姿勢を保つことができると言われています。
特に肩こりや腰痛を持っている人には人気のマットレスで、睡眠姿勢で睡眠不足になっている人にはおすすめです。
マットレスを評判や人気だけで購入する人がいらっしゃいますが、やっぱり自分で試してみてからが良いです。
寝心地を体感できるような家具屋さんやマットレス販売店が結構ありますのでそちらで実際寝て確認すると良いです。

マットレスが合わないと思ったら

マットレスが合わなくて睡眠不足になっているかもしれないと感じたらできるだけはやく他のものに変えた方が良いです。
なかなかマットレスが原因と判らない事も多いのですが、例えば他で宿泊したときにぐっすり眠れたとかだったらそうかもしれません。
マットレスでなくて枕かもしれないので一概に決めつけられない場合もありますが、体が楽だったらマットレスが原因かもしれないのです。
マットレスを変えると言ってもベットの場合、そう簡単にはいかないこともあります。
古いマットレスをどうするかも考えなければなりませんし、新しいものも決めなければなりません。
マットレスは長ければ何十年も同じものを使い人生の3分の1はマットレスの上です。
やっぱり体にぴったり合ったものが睡眠不足も予防してくれますので失敗しても合うものを探してください。