睡眠の質が下がっているなら意識したい!生活リズムの取り方

夜ぐっすり眠れないようなら睡眠の質が下がってしまっている状態です。
生活リズムをきちんとして睡眠の質を下げないようにすることが大切です。

生活リズムと睡眠の質

理想の睡眠時間は7時間といわれていますが、睡眠時間よりも大切だと言われているのが睡眠の質です。
どんなに長い睡眠時間を取ったとしても睡眠の質が悪ければ疲れは思ったよりも取れないのです。
睡眠の質を上げるためには、きちんとした生活リズムを取ることが最も近道です。
夜、布団に横になる時間を決めておきます。
別にきっちり7時間にこだわらなくても良いので布団に入って寝るというのを習慣づけます。
朝起きる人も決めてその時間に毎日起きるようにしてください。
必ず、朝起きたらお天気の場合太陽光を浴びてください。
太陽光を浴びると生活リズムがきちんとなりやすいです。
これだけでかなり睡眠の質が上がります。

睡眠の質を上げ睡眠不足解消

睡眠の質は生活リズムと整えることが近道ですが、生活リズムは睡眠ばかりではありません。
例えば、朝食の時間、昼食の時間、夕食の時間など食事の時間も生活リズムに入ります。
食事をすると胃や腸が活発に消化活動を行います。
こんな消化をしている時に寝るのはよくありません。
寝ようとしても食べた直後は眠れないことが多いのですが、睡眠の質もすごく下がります。
できれば、睡眠する2時間前までに食事や間食も済ませて下さい。
食事だけではなく、ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、ストレッチなどの軽めの運動をしたりするのも睡眠の質を上げるには良いです。
他にもリンパマッサージを行うと質の良い眠りが取りやすくなりますので時間を決め寝る1時間位までに終わらせ後はゆっくりしてください。
寝る前はパソコンやスマホなども控えゆっくりと過ごすのが睡眠の質を上げるには良いのです。

生活リズムを整えるなら朝が肝心

生活リズムを整え睡眠の質をあげるためには朝から活発に活動するのが一番です。
まずは、朝決まった時間に起きてください。
生活リズムがおかしくなっている人は結構朝起きられない人が多いです。
朝起きても頭がボーっとしたりしますが、太陽光を朝からしっかり浴びれば人間の本能で必ず目が覚めます。
決まった時間に起きて太陽光を浴びる生活を始め生活リズムを整えるようにしてください。
ラジオ体操や早朝のウォーキングなど軽い運動をすると目が覚めやすくなります。
このような運動を朝から行えば睡眠の質も高まり、夜決まった時間からぐっすり眠れるようになります。

睡眠不足の解消には早寝が最適?正しい入眠時間とは?

日本人で睡眠不足を感じている人はかなりいると言われていますが、早寝した方がよいのでしょうか。
睡眠を開始する時間と正しい入眠についてご紹介します。

睡眠時間を考えて入眠時間を決める

早寝早起きは3文の得ということわざがありますが、昔と違い電気の普及で夜でも明るい為睡眠不足の人が多いです。
体が疲れているから早く寝ようとしてもなかなか寝付けないのが現代人の問題でもあります。
早寝は健康に良いと思われがちですが、人の理想的な睡眠時間は7時間といわれています。
しかし、理想的な睡眠時間7時間と早寝というのが両立していないのが現状です。
朝6時に起きるなら夜11時頃寝れば良いという解釈になりますが、夜10時から夜中の2時までに成長ホルモンがでます。
健康のためには夜10時までには寝た方が良いという人もいますが、それだと朝5時が理想ということになります。
人によって熟睡できたりできなかったりという事もありますし、きっちり7時間にこだわる必要も無いです。
あくまで目安として睡眠時間と入眠時間を考えて下さい。

質の良い睡眠を取れば早寝の必要はない

どうしても人によっては7時間の睡眠時間を取れないという人がいます。
帰宅が午後9時を過ぎ、それから食事という人もいるからです。
そんな人はできるだけ食事などを工夫し、睡眠の質を上げることに努めて下さい。
睡眠時間はできれば7時間取るのが良いのですが、食事を食べて1時間は横にならない方が消化のためにも良いです。
でも現実的にはご飯を急いで食べてお風呂に入ったら寝るという人もいます。
そうなると食べ物を消化するために内臓が動きなかなか寝付けなくなります。
そうならない為にも夜遅く食事をするときは消化の良いものを食べ、ホットミルクなど睡眠しやすくなる工夫をすると良いです。
睡眠の質があがり、ぐっすりと眠れるので短時間でも疲れが取れます。
早寝にこだわると睡眠不足になってしまいますので、そんな人はぐっすり寝ることにこだわってください。

太陽をしっかり浴びて早寝する

朝、しっかり起きて太陽の光を浴びると夜、ぐっすり眠れて睡眠の質が上がります。
睡眠不足になると、どうしても体内時計が狂って朝起きられなかったりボーっとします。
しかし、太陽の光を浴びることで体が朝だと認識して目が覚めるのです。
朝、太陽を浴びて目が覚めれば、夜自然と早く寝られるようになります。
しかも、朝起きる時間を決めると体内時計の働きで決まった時間に眠くなってきます。
この生活のリズムが狂わないようにすれば健康で良い眠りが取れるようになります。

太陽の光を浴びて睡眠不足を解消!体内時計と睡眠不足の関係

睡眠不足の人は、太陽の光を浴びると良いという話がありますが本当でしょうか。
なぜ、太陽光を浴びると睡眠不足解消によいのでしょうか。

睡眠不足と体内時計

睡眠不足の人の特徴として夜元気で朝眠たそうにしていることが多いです。
なぜなら、朝目が覚めていない状態だからです。
これは、人の体の中の体内時計が狂ってしまっているからです。
体内時計が狂うと朝は眠たく、目が覚めてくるのは昼ごろで集中力もありません。
夕方ころになるとだんだん元気になり夜皆が寝る頃はすっかり目が冴えているため眠れず睡眠不足になります。
この状態が長く続くことで体に不調をきたしたり、普通の学校や会社での生活が上手くいかなくなる原因になるのです。
それを防ぐのに良いと言われるのが太陽の光です。
朝の太陽を浴びると人はだれでも気持ち良いと感じます。
太陽の光を朝しっかり浴びることで体内時計がリセットされると言われているのですから実践してみてください。

太陽光で体内時計をリセットする

太陽光を浴びると体内時計がリセットされ目が覚めると言われていますがなぜでしょうか。
人は、太陽の光を浴びることで朝だということを体内が認識します。
体内が光を感じることでセロトニンという物質が分泌されると言われているのです。
この物質が体内で分泌されることで脳が目を覚まし、しっかりと記憶したり体を動かせるようになるのです。
体内時計が狂ってしまって睡眠不足になっている人でも太陽光を浴びてセロトニンを分泌させれば昼活発に行動できるようになります。
昼間、ちゃんと目を覚まして動けば自然と夜眠れるようになるので睡眠不足も解消します。
できれば、軽い運動をしたり消化の良い食べ物を食べたりと他の事も太陽光を浴びることと併用して行って下さい。

毎日繰り返すことで夜眠れるようになる

睡眠不足になっている人には夜寝る時間が日によって違うことがあります。
仕事だったり、用事があったり人によって予定があるのも判りますが、できれば夜寝る時間はだいたい同じようにすると良いです。
もしも、どうしても寝る時間が不規則なったら、朝起きる時間を同じにして下さい。
例えば朝6時に起きると決めておきます。
朝、6時に起きる習慣を体が覚えれば体内時計がそのことに慣れてきます。
体が慣れると平日の仕事の時はもちろんですが、休みの日も自然と起きれるようになるのです。
そして朝決まった時間に起きたら太陽の光をしっかり浴びてください。
薄暗いカーテンで閉め切った部屋で起きても体内時計は作動してくれません。
太陽光を浴びる習慣を付ける夜ぐっすり眠れるようになります。