ベッドと布団ではどっちがより深く眠れる?

寝具を選ぶのは睡眠不足解消にはとても重要です。
ベットと布団ではどちらの方がぐっすり眠ることができるのでしょうか。

ベットと布団のメリットとデメリット

寝具を購入しようと考えた時ベットにしようか布団にしようか迷うことがあります。
ベットと布団のメリットとデメリットを知って、どちらが自分に合っているのか考えてみると良いです。
ベットのメリットというと布団とは違い押し入れに出し入れする必要が無いです。
時間も節約になりちょっと寝具を整えるだけで手間がかかりません。
しかし、デメリットとしては部屋が狭くなり邪魔になることもベットはあります。
また、子供さんの場合ベットからの落下も心配されます。
布団は、洗濯や掃除しやすかったり布団干しができるところがメリットになります。
布団は床に直接ひき、ほこりが溜まるところなのでアトピーの人には向きません。
押し入れへの出し入れも大変というのがデメリットです。

ベットと布団ぐっすり寝れるのはどっち

寝具のアンケートでは若い人も高齢者の人も子供もですがベット派が多いです。
やはり、上げ下げしなくて良いのが理由としても多いです。
人気が圧倒的にベットですが、ベットと布団どっちがぐっすり眠れるかというと意見が分かれます。
ベットが良いという人もいれば布団が良いという人もいるのです。
若い人ほどベットで寝ることにこだわりを持っていることもあり、高齢者は布団が良いという場合もあります。
しかし最近では介護ベットなどの普及により高齢者でもベットが起きる時楽だしぐっすり眠れるという人が増えているのです。
ベットも布団もそうですが、実はマットレスだけではなく寝具で違うこともあります。
布団でもふかふかの布団とせんべい布団では寝心地も違います。
人によってぐっすり眠れるのはベットだったり布団だったりするのです。

ベットや布団の種類でも深く眠れるかどうか決まる

ベットや布団にこだわる人もけっこういらっしゃいますが、ベットや布団の種類によっても眠れるかどうか違ってきます。
自宅でいつも寝ているベットや布団がとにかく深く眠れるという人がいます。
これは、自宅で使っているベットや布団が体に合っているからです。
これに対し体に合っていない場合、旅行先などでベットや布団で寝たときにとにかくぐっすり眠れることがあります。
これは、ホテルや旅館などのベットや布団が自分の体に合っていたということになります。
深く睡眠することで人は疲れを癒すので、ホテルや旅館にどんな寝具の種類を使っているのか尋ねてみると良いです。

睡眠不足はどのように解消する?すぐに試してみたい方法3選

睡眠不足になると健康にも悪影響を及ぼします。
睡眠不足を解消するにはどのような方法があるのでしょうか。

食事の時間や内容を見直す

睡眠不足の人の中には、食事の時間が不規則だったり、食べ物や飲み物の性で眠れなくなっている場合もあります。
例えば、例えば午後10時に寝るのに午後8時位から食事を取るのは良くありません。
夜の食事は、少なくとも寝る2時間前には終わってなくてはいけないのです。
これは、食べてすぐに横になると消化吸収に悪影響を及ぼすだけではなく睡眠不足の原因にもなってしまうのです。
なぜなら、食べ物をきちんと消化する前に横になると胃に負担をかけてしまうのです。
さらに、夜は食後にコーヒーなどを飲んではいけません。
コーヒーにはカフェインが含まれていて、カフェインの影響で睡眠が阻害されます。
特に、外食したりした時食後のコーヒーなどは夜控えて下さい。
お酒の飲みすぎも睡眠を阻害します、特にご飯をあまり食べずにお酒ばかり飲むと眠れなくなりますので注意して下さい。

布団に入り自分に合った寝具を使う

睡眠不足の人の中には眠たくないからと言って、いつまでも布団に入らない人がいます。
人は、布団に入ることで眠たくなるようにできていますので、眠くなくても布団に入るようにして下さい。
布団は、気持ちよく眠れる状態になっているかどうか確かめてください。
布団やマットレスが固すぎたり柔らかすぎたりしても不眠の原因になることがあります。
あまり寝つきが良くなかったり、眠ってもすぐに目が覚めるようならば、布団やマットレス、枕などが合わない場合もあります。
睡眠不足だけではなく肩コリや腰痛も寝具の影響で起こることがありますので気を付けて下さい。

リラックスグッズを使う

人は精神的に興奮状態だったりすると睡眠不足になります。
例えば、寝る前に色々考えたり好きな歌手やアイドルの歌や映像、怖い映画などを見ると興奮して眠れなくなるのです。
できれば、寝る1時間位前はゆっくりと優しい感じの音楽を聞き眠るようにするとぐっすり眠れます。
寝室を暗くしたり、アロマグッズなどでできるだけリラックスするのも良いです。
夜、寝る前にマッサージを行う人もいますが、マッサージの仕方によっては刺激が強すぎて睡眠不足の原因になります。
お風呂もぬるめの湯にゆっくりと入り、布団に入って体温が下がる時に眠くなりますのであまり布団を着過ぎない様にして下さい。
時計など音がするような物は睡眠不足の原因になることがあるので、寝室には音がしない時計を置くようにして下さい。