正しい枕選びの条件と睡眠不足解消効果

睡眠不足の原因には枕が深く関係しているという人もいます。
自分の体に合う枕とはどのような枕なんでしょうか。

枕が合わないと血行不良になる

夜、寝る時ほとんどの人が枕を使っていると思いますが、実はこの枕が合わないと睡眠不足の原因になることがあります。
枕の高さが合わないと寝がえりをうったり寝姿勢によっては血行不良になり肩や首に負担をかけてしまいます。
自分の枕が合わないかどうかは、ぐっすり眠れているか、他の枕などを旅行等で使った時と比べてどうかなどで判ります。
例えば、毎朝起きた時、首や肩の辺りに違和感や痛みがあるようならば枕が合っていない確率はかなり高くなります。
我慢して合わない枕を使う事により睡眠不足が深刻化するだけではなく血行が悪くなりリンパの流れも悪くなります。
それにより体のあちこちに痛みを感じたりすることがあります。
これらは枕によって血行不良になっていることがありますので注意して下さい。

自分に合う枕とは

枕を選ぶ時に大切なポイントとしてまずは、枕の高さがあります。
体格が良く、体ががっちりしている人は高めの枕が合うと言われています。
逆に小柄で体型がスリムな人は、低い枕の方が合うとされているのです。
ただ、体型だけではなく個人によっては高いのが合っていたり若干低めがよかったりなど色々です。
好みで柔らかい枕が良いという人もいれば硬い枕じゃないと眠れないという人もいます。
自分の好みの枕と自分に合っている枕が一致していれば問題ないですが、一致していないと睡眠不足の原因になることがあります。
最後の枕のポイントが素材です。
枕は羽毛枕やそばがら枕、ビーズ枕など色々な中身があります。
自分がぐっすり眠れる素材の枕に出会えれば睡眠不足解消も夢ではありません。

枕で睡眠不足解消

例えば、旅行に行った時、どういうわけかものすごくぐっすり眠れることがあります。
観光地などを色々巡って軽い運動をしたせいもあるかもしれませんが、結構、泊まった宿の枕が良かったということもあります。
ホテルによっては、お客様がどこの枕を使っているのかと尋ねられる場合もあるようです。
自分にぴったりの枕で毎日眠れれば睡眠不足解消もできてしまうのです。
しかし、実際の所、自分にピッタリの枕を見つけるのは至難の業です。
最近ではオリジナルの自分専用枕を作れるお店なども出てきています。
(オーダーメイド枕などで検索!)

枕が合わずにお悩みならこういうお店を利用して睡眠不足解消に役立てて下さい。
自分に合う枕は、寝ていて快適なだけではなく体に負担をかけない枕です。

睡眠時無呼吸症候群の方には横寝専用枕!

睡眠時無呼吸症候群の方にオススメなのが、横寝専用枕です。

横寝は、アルツハイマー病の原因の一つともされるアミロイドβの排出に効果があると言われています。
また、横寝は、睡眠時無呼吸症候群やいびきの酷い方のいびき対策として、舌根が気道狭窄を引き起こすのを防ぐことが出来る為、いびき対策に非常に有効とされています。

パートナーのいびきが原因で慢性的な睡眠不足

ご結婚されている方であれば、パートナーのいびきが原因で睡眠の質が低下したり、中途覚醒を起こしたりしていると思いますので、そういった場合には、パートナーに横寝専用枕を使用してもらうことで、睡眠不足や睡眠障害の原因の一つが解消されるかもしれません。

横寝専用枕YOKONEの詳細と口コミ
(利用者の口コミはページ下部に掲載されています。)

この横寝枕ですが、朝日新聞や日経MJなどでも取り上げられたようです。

夜しっかり眠るために必要な3つの入眠準備

睡眠不足にならない為には布団に入ってできるだけ早く眠りにつくと良いです。
気持ちよく入眠するためにはどんな準備をすればいいのでしょうか。

良い寝具で入眠しやすく

お布団に入って眠るまでは一般的に10分から15分とされています。
しかし、人によっては、布団に入って30分経っても1時間経っても眠れないことがあります。
これは、ストレスや食事等色々な事が原因の場合もありますが、寝具があってなくて入眠できないということもあります。
例えば、朝起きた時、首や腰など体の部分的な所が痛かったり肩コリがひどくなっている場合は寝具があってない可能性が高くなります。
布団やベッドのマットが固すぎたり柔らかすぎたり、枕の高さが合ってないと入眠障害になってしまう事もありますので注意します。
対策としては、寝具を変えてみるのもよいです。
柔らかい布団などで体が痛いなら、ちょっと硬めのマットレスのベッドに寝てみるのも良いです。
低反発よりも高反発のマットレスが入眠しやすいと言われていますので試してみてください。

消化の良い物を食べて入眠しやすく

夜眠れないという人の多くが食事の取り方が間違っていて入眠できない状態になっています。
食事はできれば寝る2時間前には済ませておいた方が良いのですが、忙しい人はなかなかそうもいきません。
食べてすぐに寝ると胃や腸が動いている状態なのでなかなか寝る状態に体が入れないのです。
また、油ものやお肉などこってり系や消化の悪いものを食べると眠るまでに時間がかかります。
そうならないためにも夜遅く食事を取るなら消化の良い食べものを食べて下さい。
例えばうどんや雑炊など消化の良いものは夜遅く食べても胃もたれしにくく入眠しやすいと言えます。
1日のうち、昼に一番しっかり食べて、夜は軽めに食事をする外国の国も多いのです。
そして寝る前はホットミルク等入眠しやすい乳製品などを取ると良いです。

軽い運動で入眠しやすく

なかなか寝付けなくてお困りの方は運動不足が原因かもしれません。
軽い運動は、血流を良くして消化も良くしますし体が適度に疲れて睡眠ホルモンが出やすくなります。
軽い運動をするのとしないのとでは入眠時間もかなり差が出るというデータもあります。
激しかったりキツイ運動ではなくストレッチやウォーキングなどをするだけでかなりちがいます。
若い人はもちろん、お年寄りにもおすすめのしっかり眠る為の方法でもあります。
何時間もする必要はなく、夕食前か夕食後30分位運動するとダイエット効果も高くなり一石二鳥です。
できれば、朝しっかり朝日を浴びるとさらに入眠しやすくなるので、朝と夜軽めの運動を行うと更に効果的です。