ベッドと布団ではどっちがより深く眠れる?

寝具を選ぶのは睡眠不足解消にはとても重要です。
ベットと布団ではどちらの方がぐっすり眠ることができるのでしょうか。

ベットと布団のメリットとデメリット

寝具を購入しようと考えた時ベットにしようか布団にしようか迷うことがあります。
ベットと布団のメリットとデメリットを知って、どちらが自分に合っているのか考えてみると良いです。
ベットのメリットというと布団とは違い押し入れに出し入れする必要が無いです。
時間も節約になりちょっと寝具を整えるだけで手間がかかりません。
しかし、デメリットとしては部屋が狭くなり邪魔になることもベットはあります。
また、子供さんの場合ベットからの落下も心配されます。
布団は、洗濯や掃除しやすかったり布団干しができるところがメリットになります。
布団は床に直接ひき、ほこりが溜まるところなのでアトピーの人には向きません。
押し入れへの出し入れも大変というのがデメリットです。

ベットと布団ぐっすり寝れるのはどっち

寝具のアンケートでは若い人も高齢者の人も子供もですがベット派が多いです。
やはり、上げ下げしなくて良いのが理由としても多いです。
人気が圧倒的にベットですが、ベットと布団どっちがぐっすり眠れるかというと意見が分かれます。
ベットが良いという人もいれば布団が良いという人もいるのです。
若い人ほどベットで寝ることにこだわりを持っていることもあり、高齢者は布団が良いという場合もあります。
しかし最近では介護ベットなどの普及により高齢者でもベットが起きる時楽だしぐっすり眠れるという人が増えているのです。
ベットも布団もそうですが、実はマットレスだけではなく寝具で違うこともあります。
布団でもふかふかの布団とせんべい布団では寝心地も違います。
人によってぐっすり眠れるのはベットだったり布団だったりするのです。

ベットや布団の種類でも深く眠れるかどうか決まる

ベットや布団にこだわる人もけっこういらっしゃいますが、ベットや布団の種類によっても眠れるかどうか違ってきます。
自宅でいつも寝ているベットや布団がとにかく深く眠れるという人がいます。
これは、自宅で使っているベットや布団が体に合っているからです。
これに対し体に合っていない場合、旅行先などでベットや布団で寝たときにとにかくぐっすり眠れることがあります。
これは、ホテルや旅館などのベットや布団が自分の体に合っていたということになります。
深く睡眠することで人は疲れを癒すので、ホテルや旅館にどんな寝具の種類を使っているのか尋ねてみると良いです。

睡眠の質と掛け布団のお話。十分な睡眠が取れない原因は布団にあり?

睡眠不足の原因は色々ありますが、その中でも掛け布団はとても重要です。
掛け布団の良し悪しで睡眠不足になるかならないか決まるとも言えるのです。

掛け布団の重さで睡眠不足になる

睡眠不足には様々な原因が考えられ、大切なのは掛け布団です。
特に重たい掛け布団は、睡眠不足の原因になる事もありますので気をつけなければなりません。
掛け布団でも綿の古いタイプの掛け布団は重たいものがあります。
地方に旅行に行った際に旅館や民宿に泊まったり、親戚の家に行った時に眠れなかったという経験がある人がいます。
良く話を聞くと掛け布団が重くて寝られなかったということもあるのです。
なぜ、掛け布団が重いと睡眠不足になるかといえば、人は寝ている時も動くからです。
そんな時に掛け布団が重たいと上手く動くことができず思うように寝がえりが打てなかったりします。
これにより睡眠不足になってしまうのです。

通気性の良い掛け布団で睡眠不足解消

掛け布団で睡眠不足になるのは重さの問題だけではありません。
通気性が悪い掛け布団だと布団の中に湿気がこもって濡れて不快になります。
人は寝ている時も結構汗をかきます、夏だけではなく冬でも布団によっては湿気がこもります。
通気性の良い掛け布団だと、汗をかいても外に湿気が逃げますが通気性の悪い掛け布団だと中に湿気がこもり温度が上がったりします。
これにより寝ている人も不快になり目が覚めやすくなるのです。
通気性の良い布団は何と言っても木綿です、化繊が若干混じっている位なら大丈夫です。
通気性の悪い布団はポリエステルなど化繊の割合が多いものです。
掛け布団カバーの素材にも気を付けるとさらに睡眠不足を防ぐ事もできます。

カバーの色で睡眠不足解消

掛け布団が睡眠不足の原因になっている場合、重さや素材もですがカバーの色も関係していることがあります。
人には色々好みがあって好きな色もありますが、いくら好きだからと言っても黄色や赤など神経を刺激するようなカバーを掛け布団にかけてはいけません。
人は視覚から刺激を受けてしまう事があり睡眠前に刺激のある色を見ると精神的に興奮して不眠の原因になってしまう事があるのです。
寝室の色は、できるだけ落着いた色が良いと言われていて、おすすめは自然の色です。
水系の色の青や土や岩の色の茶、森の色の緑が寝室には良いとされています。
ベットカバーや布団カバーをこの自然色を一つでも使います。
そして、他の色は興奮しない、落ち着いた優しい色合いのカバーを選んで下さい。