食事の食べ方やメニューを工夫して睡眠不足解消

睡眠不足の人の中には食事の食べ方が悪かったりメニューが偏っている人がいます。
食べ方やメニューを改善して睡眠不足を解消するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

食事の時間と睡眠不足

睡眠不足の原因の中には、少なからず食事と関係していることも多くあります。
特に食事の時間は大切で、できれば寝る3時間くらい前までには食事を済ませておいた方が良いと言われています。
これは、夜遅くに食事を取ったりすると胃や腸が食べ物を消化するために寝る時になっても活発に動きます。
そうなると自分では寝なくてはいけないと思っていても内臓が動いていてぐっすり眠れないことがあるのです。
このような状況を避けるため、できるだけ寝る直前の食事は良くないのですが、お仕事によっては夜遅くなる場合もあります。
胃や腸が動いているのに寝ようとすると胸やけや消化不良を起こすこともあるのです。
どうしても寝る直前に食事を取られる場合は、消化の良いものを食べるようにして胃や腸に負担をかけないようにして下さい。

消化の良いものを食べて睡眠不足解消

日本人は、1日3食のうち夜しっかり食べることが多いのですが、実は夜遅いとこれが体に負担をかけ睡眠不足の原因になることがあります。
夕方の午後6時にお肉を食べるのと午後10時に食べるのでは消化率も悪くなりますし遅いと肥満の原因にもなります。
これは、胃腸の働きが夜遅くなるにつれて落ちてくるからです。
消化自体に時間がかかるため寝る時になっても胃腸が活発に動き、熟睡できなかったり寝つきが悪くなることもあります。
これらを防ぐには、夜遅い食事ならできるだけ消化の良いあっさりとしたものを食べると良いです。
うどんは、消化がよいだけではなくブドウ糖を摂取できるため、寝起きがとても良くなります。
毎日うどんというわけにはいきませんが、消化の良いものを食べるよう気をつけるだけでかなり睡眠不足解消になります。

間食をしないで睡眠不足解消

睡眠不足の原因の中には夕食を食べた後の間食が原因で起こっているものもあります。
夕方、結構早い時間などに食事を食べられる人の中には夜遅くなってお腹が減り間食する人もいます。
メニューでいうとケーキとコーヒーとか、そういうものの場合、コーヒーに含まれるカフェインなどでさらに眠れなくなります。
特に午後10時以降の間食はしない方が良いです。
どうしても、間食をする場合は、カロリーが低く消化の良いものを食べると良いです。
例えばヨーグルトなどです。
乳製品は、精神を落ち着かせてくれ入眠にも良いですし質の高い眠りが取れます。
また、食べたものの消化にも良いので便秘解消にもなります。

しっかり勉強しつつも睡眠不足にならない勉強方法

受験やテスト勉強など集中して夜勉強すると睡眠不足になることがあります。
勉強をしながら睡眠不足にならない方法はないのでしょうか。

ブドウ糖で集中して睡眠不足解消

勉強を夜長時間したりするとどうしても集中力がなくなったりしておろそかになってしまいます。
時間をかけて勉強しても効率が上がらず、かえって睡眠不足になって次の日に影響が出てしまう事があります。
そんな時はブドウ糖を効率よく取って脳に栄養を与えて下さい。
ブドウ糖を取ると脳に必要な栄養がいきやすくなり、頭の回転が良くなるのです。
記憶力も上がるので、ブドウ糖を積極的に取って下さい。
ただし、一番、ブドウ糖を取るのがおすすめなのは朝です。
ブドウ糖は夜取ると太る原因になりますので、朝しっかりパンやご飯、バナナ、リンゴ、はちみつ、サツマイモなどを取って下さい。
夜、ブドウ糖を取るならうどんがおすすめです。
消化も良く、あっさりしているので夜食にも良いです。

時間を集中させて睡眠不足解消

受験やテストで勉強する時は、どうしても長時間勉強をしがちですが、長時間勉強すればいいというものではありません。
長時間同じ場所で同じ姿勢で勉強すると血行が悪くなり、肩コリや腰痛、頭痛、睡眠不足の原因にもなってしまいます。
長時間の勉強は体調を悪くするだけではなく免疫力も低くなります。
できれば、長時間毎日勉強するよりも時間をきちんと決めて勉強するようにして下さい。
例えば、自宅に帰ってから2時間とか決めておきます。
2時間の間にここまで勉強するというのを決めておけば集中できます。
さらに、勉強後は勉強時間内にしたことがちゃんと記憶で来ているかどうか毎回テストを行うと良いです。
睡眠不足で長時間の勉強をすることは体調を悪くするだけではなく免疫力も弱くして病気になりやすくなってしまいます。

短時間の昼寝で睡眠不足解消

受験やテスト、試験で長時間勉強をして睡眠不足が起こっている人は、短時間の昼寝時間を取ると良いです。
昼寝は、日本人にはあまり馴染みがありませんが、外国では昼寝の時間を取っている国もある位ポピュラーなんです。
そうとはいえ、日本では昼休みが1時間というのが一般的ですので昼寝も短時間にします。
10代から40代位の人なら昼寝の最適な時間は10分から15分です。
それ以上寝てしまうと眠気が続いてしまいますので気を付けます。
10分から15分の昼寝なら浅い眠りで目が覚めるので頭がスッキリして午後からも記憶力が上がるのです。
この状態で勉強すれば、集中できますし勉強効率も上がります。
さらに、睡眠不足を少し解消できるので夜も眠たくなりません。