睡眠不足の人におすすめの昼寝法!

人によって睡眠不足を感じている人もいますが、昼寝をすることも場合によっては良い場合があります。
寝すぎてしまうと逆に体への負担をかけますが、良い昼寝をすれば睡眠不足解消にもなります。

効果的に昼寝して睡眠不足解消

日本人はまじめなので昼寝の時間を取っている人はほとんどいませんが、実は、昼寝をすることで勉強や仕事の効率がアップします。
世界では積極的に昼寝を奨励している国もある位で日本でも昼寝が見直されています。
多忙な人はなかなか睡眠時間がとれずに睡眠不足になっている人も多いのですが、昼寝をすることでリフレッシュできます。
できれば、10代から40代までの人は、10分から15分昼寝すると効率的に活動が昼からできます。
眠たいままの状態で勉強をするよりも10分でも寝てリフレッシュした方が良いのです。
できれば、健康の面から言うと30分位昼寝した方が良いと言われていますが、それ以上はかえって眠たくなるのでダメです。

上手な昼寝の仕方とは

学生さんやOLさん、サラリーマンの方など昼休みの時間はだいたい1時間と決まっています。
その短い時間で昼食も食べて昼寝をするとなると結構難しいです。
しかし、数分でも昼寝をすることでリラックス状態になり、ストレスも減り勉強や仕事の効率が上がることも多いです。
できれば、横になって足を伸ばして昼寝ができる所が一番なんですが、無理な場合、自分の机や車の中などでちょっとだけ実践してください。
疲れているときなどには、なかなか寝てから起きられないようなこともあるので、必ず時計やスマホで何分後からに目覚ましをかけてください。
自分では10分位寝たつもりでも、1時間位経っていることもあるからです。
目が覚めたらコーヒーやお茶など水分をとって目を覚ますようにすると昼から効率的に仕事や勉強ができます。

昼寝は長くしてはダメ。短時間昼寝の効果

都市部などでは最近昼寝専用のお店などができ、短時間昼寝できるスペースも増えています。
睡眠不足が続くと健康や精神にも影響を与えることがあるため、今昼寝が見直されているのです。

しかし、昼寝をしっかり取ればよいというわけではありません。

昼寝は、忙しい人なら3分間目をつぶっているだけでも良いのです。

脳を休めるだけではなく目の働きも休むことができ、リフレッシュになります。
できれば、10分から30分昼寝の時間が取れれば健康に良いと言われています。
それ以上になると、今度は眠たくなってきて記憶力が落ちたり食欲不振の原因になります。
昼寝は長くすると逆効果になり頭がボーッとすることもあるので時間に気を付けて下さい。

しっかり勉強しつつも睡眠不足にならない勉強方法

受験やテスト勉強など集中して夜勉強すると睡眠不足になることがあります。
勉強をしながら睡眠不足にならない方法はないのでしょうか。

ブドウ糖で集中して睡眠不足解消

勉強を夜長時間したりするとどうしても集中力がなくなったりしておろそかになってしまいます。
時間をかけて勉強しても効率が上がらず、かえって睡眠不足になって次の日に影響が出てしまう事があります。
そんな時はブドウ糖を効率よく取って脳に栄養を与えて下さい。
ブドウ糖を取ると脳に必要な栄養がいきやすくなり、頭の回転が良くなるのです。
記憶力も上がるので、ブドウ糖を積極的に取って下さい。
ただし、一番、ブドウ糖を取るのがおすすめなのは朝です。
ブドウ糖は夜取ると太る原因になりますので、朝しっかりパンやご飯、バナナ、リンゴ、はちみつ、サツマイモなどを取って下さい。
夜、ブドウ糖を取るならうどんがおすすめです。
消化も良く、あっさりしているので夜食にも良いです。

時間を集中させて睡眠不足解消

受験やテストで勉強する時は、どうしても長時間勉強をしがちですが、長時間勉強すればいいというものではありません。
長時間同じ場所で同じ姿勢で勉強すると血行が悪くなり、肩コリや腰痛、頭痛、睡眠不足の原因にもなってしまいます。
長時間の勉強は体調を悪くするだけではなく免疫力も低くなります。
できれば、長時間毎日勉強するよりも時間をきちんと決めて勉強するようにして下さい。
例えば、自宅に帰ってから2時間とか決めておきます。
2時間の間にここまで勉強するというのを決めておけば集中できます。
さらに、勉強後は勉強時間内にしたことがちゃんと記憶で来ているかどうか毎回テストを行うと良いです。
睡眠不足で長時間の勉強をすることは体調を悪くするだけではなく免疫力も弱くして病気になりやすくなってしまいます。

短時間の昼寝で睡眠不足解消

受験やテスト、試験で長時間勉強をして睡眠不足が起こっている人は、短時間の昼寝時間を取ると良いです。
昼寝は、日本人にはあまり馴染みがありませんが、外国では昼寝の時間を取っている国もある位ポピュラーなんです。
そうとはいえ、日本では昼休みが1時間というのが一般的ですので昼寝も短時間にします。
10代から40代位の人なら昼寝の最適な時間は10分から15分です。
それ以上寝てしまうと眠気が続いてしまいますので気を付けます。
10分から15分の昼寝なら浅い眠りで目が覚めるので頭がスッキリして午後からも記憶力が上がるのです。
この状態で勉強すれば、集中できますし勉強効率も上がります。
さらに、睡眠不足を少し解消できるので夜も眠たくなりません。