より深い睡眠を取ることができる睡眠用音楽の特徴

睡眠不足を解消するのに色々な方法を試される方もいらっしゃいますが、音楽を聴くのもその一つです。
深い睡眠を取るために最適な音楽にはどんなものがあるのでしょうか。

深い睡眠に向いている音楽の特徴

睡眠不足解消に良いと言われている音楽にはクラッシックがあります。
クラッシックと一言で言ってもジャンルは様々で、特に爽やかで優しい感じの曲がおすすめです。
クラッシックのコンサートであまり興味のない人は眠ってしまうことがありますが、これは睡眠効果が高いことの現れでもあるのです。
優しくてゆっくりした感じの音楽を聴くと誰でもリラックス状態になります。
このリラックス状態になることが深い睡眠を取れるかどうかになってくるのです。
激しい音が入ったり以上に暗かったり、大きな楽器の音がどんどん出てくるようなクラッシックは睡眠には向いてません。
かえってこのような曲は神経を興奮させてしまって睡眠に悪影響を及ぼします。
近年では睡眠と音楽の関係が注目され精神を落ち着かせる音楽というのも販売されています。

歌詞入りや暗い曲は睡眠に不向き

世の中には色々な音楽がありますが、寝る前に聞くと不向きな音楽というのもあります。
寝る前に音楽を聴いてリラックスするのはすごく良いのですが、自分の大好きな歌手の曲などは睡眠前には向きません。
考え事をしながら眠ると睡眠不足の原因になることがあるのであえて自分の好きな歌手は避けた方が良いです。
特にロックやポップスなどの曲は明るくウキウキした曲が多いため、今からゆっくり寝ようとしている時は不向きです。
なぜなら、ロックやポップスなど明るい曲で好きな曲などは神経を興奮させたり睡眠抑制の効果があるからです。
神経が興奮した状態だと人はなかなか寝付けなくなります。
できれば夜寝る2時間前以降は興奮する曲は避けて下さい。

睡眠不足解消用音楽とは

忙しい現代人は知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまい睡眠不足になることもあります。
そんな方におすすめなのが睡眠不足解消用音楽(睡眠用BGM)です。
リラックスできる本の付属で付いているCDなどもあり、睡眠前に聞くだけでリラックスすることができます。
睡眠不足解消用音楽は、懐かしい優しい感じのクラッシック音楽で、考え事をしなくてもいいような感じの曲です。
繰り返し聞いても飽きないような選曲で精神科の先生が作ったようなCDもあるので精神的に落ち着く音楽になっています。
睡眠不足解消用音楽を繰り返し聞くことで精神的に落ち着き不眠症が治ったという人もいます。
深く眠れるようになることでストレスが緩和されることも多くリラックス状態で眠れるようになります。