セロトニン不足と睡眠不足の関係は?セロトニンを増やす方法とは

睡眠不足を解消するには、セロトニンという物質を分泌させると良いといいます。
セロトニンを増やす為にはどのような行動を取ればよいのでしょうか。

睡眠不足とセロトニンの関係

自分で思うように睡眠ができないと睡眠不足になります。
これは、体内で分泌されるものにも関係すると言われていますが、特に関係が深いと言われているのがセロトニンです。
セロトニンとは脳内で分泌される物質だと言われています。
セロトニン分泌されることで、朝は覚醒し夜は眠くなります。
人によっては、このセロトニンが分泌されるために大切だと言われている体内時計が狂っていることもあるのです。
夜型の人等には特に体内時計がおかしくなってセロトニンが上手く分泌されていない人もいます。
このような状況の人は、まず体内時計を正常にしてセロトニンを出すことが睡眠不足解消に繋がります。

太陽光でセロトニンが増える

体内時計や睡眠不足と関係が深いセロトニンとはどうやったら分泌されるのでしょうか。
実は、とっても簡単な方法でロトニンの分泌を促すことができます。
セロトニンを分泌させるのに有効だと言われているのが太陽光です。
朝、太陽が昇りますができるだけこの朝の太陽光を浴びるのです。
人の体は強い光を浴びると体の中の体内時計がリセットされて朝だと感知します。
これにより、脳内でセロトニンが分泌され、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンがセロトニンから作られるのです。
メラトニンが出る事によって夜になると自然と眠くなります。
このパターンをくり返すために朝から太陽光を浴びてセロトニンを分泌させることが大切なんです。
セロトニンからメラトニンが作られ夜もぐっすり眠れるようになります。

セロトニンで心も体も元気

睡眠不足を解消するためには睡眠ホルモンであるメラトニンを作る為にセロトニンが必要です。
このセロトニンは、メラトニンを作るだけではなく、他にも様々な効果があるのです。
セロトニンは体内で分泌されることによって精神的な安定をもたらすと言われています。
うつ病や不安障害の予防にもセロトニンが必要だという人もいて、夜、しっかり睡眠不足を解消することが精神を落ち着かせるのです。
逆にセロトニンが不足するとこのような精神的な症状が見られる事が増えるのです。
セロトニンは血圧や脈拍にも作用すると言われています。
血圧を低くし、脈拍を安定させ体も心も元気にしてくれるのです。
体内時計が狂うことで大切なセロトニンが分泌されなくなり精神も体も不安定になることがあります。
健康で気持ち良い毎日を送る為にはセロトニンが必要ですので太陽光を浴びてぜひ増やして下さい。